修羅雪姫
2.5

/ 68

4%
15%
29%
34%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(13件)

かっこいい21.6%勇敢16.2%かわいい10.8%切ない10.8%ファンタジー8.1%

  • drm********

    2.0

    若い

    2021年320本目 若かりし頃の伊藤英明さん、真木よう子さん、塚本高史さん、松重豊さんを観れただけで価値があるかも。 しかもアクション監督ドニーイェンさん。 冒頭の剣術アクション、素早く刀を交わすところは、らしいらしいと感じた。 世界観が北斗の拳の劣化版というか、マッドマックスの縮小版みたいな感じでチープになったのがすごく損している感じ。 普通の日本なのか時代劇としてしっかり下地を作った方が良かったと思う。 後、釈さんの舌ったらずの喋りがどうも苦手で… アクションは良いとしてその他の雪の復讐劇を突き詰めて欲しかったな。

  • ass********

    4.0

    釈由美子さん、がんばりました!

    星4つです。釈由美子さんのがんばりは星5つ、映像処理で星2つ。 冷静に周りを見渡すと、日本はアクション映画が少ないです、有っても其所まで凝ってないです。 だからこそ、この映画は貴重です。 映像を観ていると、「このロケたいへんだったろうなあ、筋肉痛だろうなあ」と、感涙です。 ただ、一つのシーンを数日に分けて撮っていたりするので、つじつまの合わない映像が混じります。(数秒置きに天気が変わる) 良い物を観ました。

  • oce********

    2.0

    オリジナルを確認するか

    梶芽衣子版は見ていないので何ともいえないが、原版を見てタランティーノは「キル・ビル」を考案したそうだ。 それほど女性が刀を持って次々撃退していくのが印象に残るのだろう。 そして時代は変わり梶芽衣子を演じるのが釈由美子。 まあ演技のことは置いといて(笑)一番注目していたのはドニー・イェンが担当したアクション面。 だがこれがほとんどカット割りとスローモーションで殺されてしまった。 結果いくら熱演しようとも努力が水の泡。 途中フードをかぶった嶋田久作と刀のバトルを繰り広げるが、あれは多分ドニーが演じるため。 急に見えにくいフードをいきなり被るわけないしな(笑)

  • aok********

    2.0

    釈ちゃんは良かったです

    それだけが印象に残るだけの、どーでもいい映画です。 つうか話、長すぎ。もう少し主軸を絞って脚本をコンパクトにすべきだと思います。どうしても全部やりたかったなら、パート1、パート2で予算度外視でやれば良かったのでは? 釈ちゃんは本当に頑張っていましたし、この映画への体当たりの評価があってこそ、スカイハイの抜擢だったのだと思います。そのスカイハイで更に当ててるんだから、そしたら修羅雪姫のパート2は可能だったのかもよ?と。 ハリウッドリメイクの話が出てたけど、あれ、どうなったんでしょうか? 確か主演も彼女のままでの条件だったと思うのですが…… まあ、長すぎなんだけど、なんかこの映画、途中途中に妙な期待感を持たせるのが上手いんですよね。あとはなんつーか、雰囲気で押し切った感じです。あ、でも全体的にはダークトーンなので、アクションでの爽快感はナイです。 相手役は伊藤英明である必要はないです。なんか男性って結構、彼が好きみたいですね。私は真木ようこさんが出てるので、その部分は満足ですが。 暇でなければ、そして特別こういったアクション系に興味がなければ観なくても何の問題もない作品です。

  • y31********

    3.0

    白雪姫のパロディーじゃないよ(^^;)

    ほとんどが釈さんのアクションシーンで ストーリーはかなりベタで特に内容については 問題なしです。 但し、最後が続編があるような終わり方をしているが 今なお続編は作られてはいないようです。 見ていて上戸彩のあずみの様な感じがしました。 刀を使いながら服装は現代なので少し違和感あり。 それと、戦闘シーンが必ず途中から森の中になるのも 不自然といえば不自然かな・・・? 見所は、釈さんの骨折までしてがんばった アクションシーンですかね。 半分以上に音楽が乗せられていてアクション好きには 良い作品かも・・・(^^)v

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
修羅雪姫

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル