レビュー一覧に戻る
リリイ・シュシュのすべて

WXYは知ってても、それだけじゃ

4.0

堕ちて行く危さ、抜け出せない焦燥感

絶望感に満ちる。 小学生の頃は、天体を見つめるだけでも幸福感を感じられるけれど、 中学生になると、素行不良で危ない事をし始める。 そんな情景の遷り変りを残酷さを交えて表現した作品。 イジメや暴行、恐喝、窃盗とか、残忍さに走る要因を直接でななく、それとなく描く、その結末も悲しさしか残さない。 見て面白くも楽しくも無く、むしろ嫌悪感すら覚える。その嫌悪感はこの作品の表現力の強さによる。

閲覧数2,969