ここから本文です

リリイ・シュシュのすべて (2001)

監督
岩井俊二
  • みたいムービー 747
  • みたログ 3,876

3.51 / 評価:1265件

パンダの赤ちゃん

  • com******** さん
  • 2019年12月31日 11時39分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

凄く懐かしい。
自分の学生時代が荒れ狂っていて、殺人以外のことは全て自分の身か周囲に起きているので、本当に懐かしくなるような映画。
これをドラマだと切り捨てられる人は、幸せな学生生活を送れたのだろうと心底羨ましくなってしまう。
ラストは誰一人として報われないものの、それすらも現実味を帯びていてとても好きな終わり方。
乾いた無力感と絶望に窒息しそうになる中、それでも延々と続いていく日々をひたすらすり潰していくしかないと理解し、諦観している中学生達の姿はとても残酷で繊細で刹那的で美しい。
ただ、雄一達の旅行の件は間延びしていて退屈になる。
映像が余りにも綺麗でそれが余計に残酷さに拍車をかける。
一番最後のシーンの音楽室での久野のグランドピアノの音が余りにもリアルで、閉塞感に満ちた中学生時代を思い出して鳥肌が立った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ