レビュー一覧に戻る
GO

GO

122

ryo********

4.0

A rose by any other

この映画の言いたいことは有名なロミオとジュリエットの一節にある。在日だろうが、日本人だろうが、中身で勝負。時に真鍋さんがアメリカ人なのに日本の受賞とメディアが騒ぐのに違和感を覚える。DNAが日本だから?先祖をたどると日本人のほとんどに大陸の血が混ざっている。なぜそんな在日か日本人、あるいは中国人?そんなちまちました認識に囚われているのはバカバカしい!と訴えている。 その主張に大いに共感する。金城一紀氏の生い立ちも主人公と似ている。そんな自分の主張を織り交ぜた作品だが、当然フィクションなので、警察官とのやりとりなど、エピソードの節々に違和感を感じる。途中で冗長な感じでなってしまったが、最後に盛り上がりを見せたので、星4つにしたい。

閲覧数1,701