ここから本文です

みすゞ (2001)

監督
五十嵐匠
  • みたいムービー 33
  • みたログ 59

2.47 / 評価:15件

解説

 近年、新たに再評価の機運が高まりをみせる、26歳で早世した若き天才童謡詩人金子みすゞ。その短くも強烈な生涯を「地雷を踏んだらサヨウナラ」の五十嵐匠監督が田中美里主演で映画化。大正の中頃、日本海の港町仙崎。少女・金子テルは本屋の店番をしながら書物を読み耽る毎日を過ごす。やがて兄の結婚を機にテルは母のいる下関へと移る。そこで小さな店を任されたテルは、店番のかたわら書いた詩を、“みすゞ”というペンネームで雑誌に投稿する。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ