ここから本文です

ヴァージン・ハンド (2000)

PICKING UP THE PIECES

監督
アルフォンソ・アラウ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 107

3.67 / 評価:15件

超豪華布陣、しかも監督はアノ・・・・

  • 東京名画座 さん
  • 2006年12月5日 22時42分
  • 閲覧数 462
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

とにかく豪華なスタッフとキャスト。
ゴージャスな映画にもかかわずイマイチ話題に上がらなかった・・

役者ウディ・アレンに「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマー
シャロン姉さんに「24」のキーファー・サザーランド でしょ。
松田優作さんがホレ込んだ「ロング・グッバイ」のグールドまで♪

しかも撮影はヴィットリオ・ストラーロ大先生ですよ!
「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」の!
それだけでも映画館で見る価値ありなのに、
公開当時は観客少なかったですヨ・・・
レビューもされてないし・・・

監督はというと「サボテン・ブラザーズ」?!?!
あの悪役親分アルフォンソ・アラウ???
何故だか出演基本情報には記載されてない・・
悲しいね・・

この人、本国メキシコではスゴ~ク偉大な映画人ですよ。
国際的にはアカデミー賞にもノミネートされた
名作官能&お料理映画「赤い薔薇ソースの伝説」とか
爽やかキアヌが主演の「雲の上で散歩」とか。
いや本当にすばらしい人です。

この映画、題材が奇想天外で犯罪映画っぽいけれど
読み解いていくと深いテーマが見えてくる。
こういうところにウディ・アレンのアンテナがビビッと来たのでは?
それは見てからのお楽しみ。

ちなみに嬉しいことに、
公開当時この作品の前売り券を買うと「サボテン」がついてきた♪
この企画考えた人、当時の配給に関わったスタッフの人えらいです。
「サボテン・ブラザーズ」の魂は永遠なり♪♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ