月下の蘭
2.9

/ 15

13%
7%
47%
27%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

絶望的20.0%かっこいい10.0%勇敢10.0%不気味10.0%恐怖10.0%

  • lud********

    2.0

    根津甚八

    ストーリーは盛り上がりに欠けて評価点は見出だせない。 若き根津甚八を懐かしむ程度かな。 ヒロイン、藤原美紗はこの時は新人だったようだが、その後は作品に出てないようだが…。 ラストもイマイチでした。

  • いやよセブン

    2.0

    Vシネマに対抗

    妻と娘を殺された主人公(根津甚八)は自堕落な生活を送っていた。 女性アイドルと知り合うが、イカサマ麻雀がばれてしまい、このアイドルのプロダクションから金を脅し取ろうとする。 日活は続かなかった。

  • 石井隼人

    3.0

    ノワール

    低予算でアフレコの技術等、荒が目立つが、根津の演技力と石井隆の荒々しくもノスタルジックな演出がいい。 漫画家というバックグラウンドを持つ監督だけに、コマ割りや構図など劇画ちっくでかなりカッコいい。 ラストのバイオレンスシーンの舞台設定は「死霊の罠」にそっくりだった。

  • hir********

    4.0

    覚悟のうえの「殴り込み」

    大好きなジャンルものの中に、「殴り込み」ものがある。 それも、主人公達が「覚悟」を決めた「殴り込み」ものが好きだ。 「ワイルド・バンチ」「その男凶暴につき」「ステート・オブ・グレイス」 師匠の「グラン・トリノ」も、言わば「殴り込み」だ。 そうそう、「人魚伝説」もそうだ。 「タクシードライバー」もそうだな。 何だろう、「覚悟のうえの殴り込み」って、「頭」じゃないんだな。 「ハート」にずしーんと来る。 なんか「忠臣蔵」の血が、日本人には流れてるんだなぁ・・・ その「血」に訴えて来るんだ・・・「殴り込み」ものは・・・ 「傷だらけの天使」でも有ったよね、雨の中、田んぼでの「殴り込み」 可愛い娘を、ヤクザに殺されて、オサムとアキラ二人で殴り込む話。 「題名」忘れたな・・・・石井隆監督のノワールものも、 大抵、ラストが「殴り込み」なんだよね。 コノ「月下の蘭」が、一番最初の「殴り込み」ものだったんじゃないかな? レッツゴー ファイト!・・・・だよね。 それにしても、根津さん、今どーしてるんだろ? (追伸) お気レビのバンジョーさん、レビュー800件突破!おめでとう御座います。 映画への「想い」が、800通りあるって、事です。 これからも、いい「想い」を、したためて行って下さい。 いつか、きっと、人生に役立つ時が来ますよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
月下の蘭

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル