ブリジット・ジョーンズの日記

BRIDGET JONES'S DIARY

R15+97
ブリジット・ジョーンズの日記
3.7

/ 1,885

24%
37%
29%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(256件)

笑える18.9%楽しい17.9%かわいい15.7%コミカル15.3%ロマンチック10.8%

  • walbatross

    2.0

    共感できない女性の、現実味に欠けるラブストーリー

    NHKプレミアムシネマにて、2001年のイギリス映画。 20年ほど前、話題になったのは覚えているが、原作は読んでいない。売れ残りの30代独身女性を等身大に描くというキャッチフレーズだったから、そういう道を歩んできた私には、きっと共感できると思って鑑賞したが、50代になってしまった私には全くつまらなかった。 深酒して、たばこをふかし、仕事も私生活もかなりいい加減で、まだ30代前半なのに、もっと、きちんと生活しろよと言いたくなる主人公。いつもは憎めないヒューグラントもいい加減なおじさんになってしまっているし、もう一人の弁護士もそこまで魅力的ではない。恋に落ちる経緯も安易すぎて、リアリティに欠ける。 おバカなシーンで笑えたところもあったが、それだけ。もうちょっとヒネリがほしい。期待した分、裏切られた気分の映画だった。

  • gar********

    5.0

    ラストシーン。男は、女に コートを羽織らせた。私にも コートを持って来いよ!

    守ってね ジェントルマン。精神科医ナチスの記録を取って下さい。洋服は着せず、何もかも取り上げる。資産家を去勢避妊。生理を追う。コートがあるようにして下さい怒。この映画のBGM good. ハレルヤ メル友23歳夛久たく へ 書いておいて下さい。『まどか 23歳 精神科医女医 塾講師』私を探してくれてありがとうございます。ノイローゼのレベルで ナチス精神科医をユダヤ法律で潰しますからナチスではない外科医一同様援護して下さい。

  • beautiful_japan_

    4.0

    イギリスのアラサー女子、下着姿でロンドンを走り回る

    30才を過ぎた独身女性の恋愛観や結婚観をめぐるエピソードを面白おかしく描く。適度なお色気と、ウィットに富んだやり取りで、いかにもイギリス人が好きそうなドラマ。 主人公ブリジット・ジョーンズは、出版社に勤めながらロンドンで一人暮らしをする女性。恋愛に悩み、ダイエットを心がけ、アルコールやタバコ中毒からの脱却に努力するが上手くいかない。 自宅でのパーティーのために料理をすれば、“ブルーのスープ”や“クソの煮込み”と酷評されるものしか作れない。しかし、持ち前の愛嬌や素直さに惹かれる男性に巡り会える。 ジュード・シャロン・トムの親友3人は、つまずいたり苦しむブリジットを支えてくれて、とても素敵。 ブリジット役のレネー・ゼルウィガーは、役作りのため約20ポンド(9㎏)も体重を増やし、テキサス出身者なのに南西イングランドの訛りを必死に習得した。この努力が実り、「アメリカ人にイギリス女性は演じられない」と批判する人たちを黙らせたそうだ。表情豊かなレネーは可愛い。 サウンドトラックが人気(オーストラリア・ニュージーランドなど6カ国で週間1位を記録)。作品中の曲を聴いて、ドラマのイメージを思い描いた人が多かったのだろう。

  • ame********

    1.0

    ヒューグラント老けたなあ

    イギリス映画ってだいたいみんなこんな感じだ なんか 全然ツマラン 浮ついて何かしら特別なものを期待しているだけの登場人物 感情移入も何もできない

  • dok********

    3.0

    ネタバレ昔から気になっていた映画でした

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブリジット・ジョーンズの日記

原題
BRIDGET JONES'S DIARY

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日
-