ハリー・ポッターと賢者の石

HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE/HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE

152
ハリー・ポッターと賢者の石
4.0

/ 2,129

35%
35%
22%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(259件)


  • s.arata

    4.0

    ハリポタシリーズ1/8作目!音楽と映像で簡単にハリポタの世界に入り込める!

    【ハリポタシリーズ1/8作目!音楽と映像で簡単にハリポタの世界に入り込める!】 ・2001年公開のイギリス(アメリカ)のファンタジー映画。 ・今は亡き魔法使いの両親から生まれたハリーポッターは、魔法学校に入学できる年になるまで、人間界のとある家で孤児として召使のようにこき使われながら、育てらる。そんなことを全く知らない彼のもとに、ある日ホグワーツ魔法学校への入学許可が記された手紙が届き、入学する。ホグワーツではクラスメイトの友達が出来たり、魔法使いならではの体験をしたり、恐ろしい魔物と対峙したり…と、今まで体験したことのないワクワクの毎日を送る という大枠ストーリー。 ・イギリスの児童文学作家 J・K・ローリングが1997年発表した書籍「ハリー・ポッター」シリーズの第1巻を原作とした映画です。 [お薦めのポイント] ・内容盛り沢山で何度でも観れる(=子供が喜ぶ!) ・シリーズモノでも単体映画として楽しめる ・完結済みシリーズなので待たずに一気に楽しめる ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ [物語] ・ホグワーツに入学するまでの可哀そうな状況のハリー、魔法学校のあれこれ、友達ができる、クィディッチ(スポーツ)、秘密の部屋を探る…ロードムービーのように色んな要素が盛り沢山でした。なので、何度見ても「あぁ、そういえばここそうだったねぇ」と楽しめるようになっています。単純に「オチ」に向かって進む映画の場合、オチを知っていると見応えが半減しがちですが、そういう部分もないため、子供さんなどは何度でも楽しめるのではないでしょうか。 ・ハリー、ロン、ハーマイオニーの活躍の場をバランスよく融合しているところも王道ですが素敵です。 [演出] ・スナイプ先生と対峙するとき、ハリー・ロン・ハーマイオニーの3人で、行ってはいけない部屋を散策するとき、など子供目線で終始描かれる物語が、純粋さを感じて可愛らしいです。子供さんからすると同じ目線で楽しめると思います。 [映像] ・約20年前なのに物凄いクオリティのVFX。20年前なら「映画を創ろう!でも、こんなすごいこと出来ない…」と、まるで映画製作志望者を落胆させてしまいかねない程の技術だと思いました。笑 [音楽] ・聴きなれたメインテーマが素敵ですねぇ。これが流れただけで、映画の世界に入り込める。映画にとっての音楽の重要性を改めて体感させられます。メインテーマ以外も全てがファンタジー映画ならではの音色。ディズニーやUSJの世界に入り込んだような体験を「耳」からさせてくれます。 [演技・配役] ・吹替版で鑑賞したのですが、子供たちの話し方が「演技っぽくない」のです。まだ俳優としては未熟な子役が一生懸命セリフを話している感じ。しかし、逆にリアリティがあって素敵。もし、ハリー達を演じる子役さん方々が、そもそもこのような感じの話し方をしているのならば、むしろそれをリアルに描いている気がしてなりません。それがまた「暖かな目で子供たちを見守りたくなる」欲を湧きたててくれて、とても好意的にとらえられます。 [全体] ・オチがなくても楽しめる映画でありつつも「悪い奴は誰か」という「オチ」的な要素もしっかりある。奇抜な要素は全然ないのに見応えがある。全体のバランスが取れた大人でも子供でも楽しめる作品、だと思いました。 ・部屋を真っ暗にして、ハリーポッターの世界に入り込んで、コーラとポップコーンを用意したら、もう家は映画館になります。カップルでも、お子さん含めた家族でも、皆でハリーの世界に入り込んで楽しまれてみてはいかがでしょうか。ありがとうございました。 #映画 #ハリー・ポッターと賢者の石 #2001年 #ファンタジー #魔法使い #シリーズ #クリス・コロンバス監督 #J・K・ローリング #ジョン・ウィリアムズ #ダニエル・ラドクリフ #ルパート・グリント #エマ・ワトソン #小野賢章 #常盤祐貴 #須藤祐実 #全体3.6 #物語3.5 #演出3.6 #演技3.5 #配役3.5 #映像3.7 #音楽3.8

  • やふたろう

    5.0

    なんでだろ?

    その昔、友達と家で4人でDVD借りて観たな。 すごい映画が大ヒットしてて、借りようってなった。その時は誰も面白かったねって言わなかった記憶...。 顔を見合わせて何この子供騙しとか言ってた。 なんか魔法とか今時ありきたり、子供っぽいよねって意見で一致していた...。 本が面白いと言ってる子もいたけど、なぜかそれは読む気になれずじまいだった。 ファンタジーとか大好きなのに。 それで、今20年ぶりに子供と観てみた。 いやはや、面白かった。 よくできてる。古さは微塵も無い。 ハリーポッター役の人、ゴツゴツしてるイメージだったけど、1はすごく美少年だった。 ハーマイオニー可愛いな。1はボサボサで癖毛気味な感じが自然で良い。まだ11歳だもんね。 最初に金曜ロードショーで子供が観て面白い!と。 それで1から鑑賞しようとなった。 夫は今更かよって笑ってたw もともと、ユニバで少し知識はあった子供達。 なんで、あの時は私はつまらないと思ったんだろ? 内容もホウキで飛んでる所以外覚えてなかったな。 全部観ようかと思う。本も子供と読もうかな。 それで、ユニバに今度言ったら、グッズ欲しいとまで心入れ替わった。 なんでだろ? あの時はつまらなかったのに、今観たらなぜか魔法がかかって面白いと思えた。 もしかしたら、何度も足を運んだユニバ効果もあるかもしれない。

  • モナリザパーキング

    3.0

    可愛い娘の為に、苦手なファンタジーに挑戦

    ハリーポッターと賢者の石  (1) とある魔法の国。 意地悪な親戚の家で暮らしていた主人公ハリー。ある日魔法の学校から入会案内が来る。 自分が魔法使いだった事や両親が魔法世界の悪党に殺された事を知る。 楽しい学校生活で友人も出来る。 しかしジワジワと両親を殺した悪党の魔の手が忍びよっていた。 不老不死の石を巡り次第にわかる黒幕の正体とは? ◎71E点。 ★凄い世界観とこれからどんなストーリーになっていくのか?期待感︎ 私はこの手のファンタジーがあまり得意ではありませんが、可愛い娘の為に頑張り鑑賞を決意! ◇魔法世界のルールや規則、過去の話で世界観に飲まれるか?超大作作品。

  • スーザン

    5.0

    アラン・リックマンによせて・・・。

    アラン・リックマン死去のニュースに驚く。 このハリーポッターシリーズのスネイプはハマリ役であるが、イギリス俳優らしく、他の映画でも変幻自在にその存在感を発揮。 気難しそうに見えて実はシャイ、というイメージが魅力だった。 『ダイ・ハード』の悪役で一躍注目されたが、一番好きなのは『いつか晴れた日に』・・・。 あのリックマンは良かった! 最近では『モネ・ゲーム』のヌード姿にビックリだった。 まだまだいろいろな役の作品を観たかったので、とても残念です。 心からご冥福をお祈りいたします。 で、『賢者の石』だが。 ハリポタは何度も読み返す原作ファン。 まずこの作品を観た時、様々な映像が頭の中の想像と同じだったことが驚きだった。 特にスネイプ先生は最高の仕上がり! 映像だけは本当に嬉しく楽しく観られた。 だがストーリーも原作に忠実に、と言う意向なので、映画ならではの脚色は無し。 なので、全体の出来は展開を追うだけの平凡さだ。 ただ、この一作目は登場人物をはじめ、本当にビジュアルが楽しい。

  • soc********

    4.0

    SF映画の金字塔

    魔法映画とはこういうものだって世界に知らしめた作品。よく出来てるし映画史に刻まれる映画。

  • jim********

    4.0

    久しぶりに観る

    公開当時劇場で観たのだが、人気作でシリーズされたという事もあり斜めに観ていた部分もあるので改めてじっくり見てみることにした。 劇場で観たのが20年近く前なので細部は忘れてしまっていたが、改めて観ると意外と面白いし、今や大女優となったハーマイオニ役エマ・ワトソンがめちゃくちゃ可愛い。ストーリー展開はスピード感あって良いのだが、これって原作知らない人が観ても理解できるのか?所々なんだか良く分からないものが出てくるが、映画の枠内では全ては説明しきれないし、結局本読めってことなのか。 その辺引いても充分楽しめる内容ではあるが。

  • ケサ

    2.0

    展開が早くてついていけない

    有名な作品だけどずっと見てなくて、金ローではじめてみた。シリーズでこれから見るつもり。 まずキャラクターがあまり好きではない。 ハリーの性格がなんか微妙。メガネじゃなきゃだめなの? 友達の男の子も微妙。 女の子は顔がかわいい。 大人が、みんな悪人ヅラだなぁと思った。これは魔法使いだからなのか、悪い人が混ざっているのが誰かわからないためなのか…。 話の展開がすごい早くてある意味目がはなせなかった。 寮の分け方とかそれぞれの特徴もよく、わからないし、ドラゴン飼ってすぐ次の場面では森へ帰ったって言ってたり… これは原作読んでる人が楽しむものなのかな… それとも金ローだからカットされているのか。 なんですごく人気あるのかわからない。 というか、子供向けか? 自分がファンタジー映画あまり好きじゃないだけかもしれない。

  • まこつん

    5.0

    ファンタジー映画の歴史に残る名作

    魔法使い映画と言えばこの作品。 映画シリーズの第一作目。本を愛読していたが、頭で思い描いていたハリーポッターの世界観が忠実に再現され、映像となって見れるだけでも感動。シリーズ後半のダイジェスト感が残念なだけに第一作目の完成度はかなり高い。

  • マクフライエフェクト

    2.0

    詰め込みすぎ

    今さらながら鑑賞してみた。 本は読んでいないし、ファンでもなんでもない状態での鑑賞。 結論:詰め込みすぎ 魔法使いの世界観は素敵だと思ったし、主演の子たちはかわいかった。ただ、内容を詰め込み過ぎているせいで、何がしたいのか分からないような感じだった。 薄っぺらくても良いから、多くの情報を詰め込みたかったのかな。続編のために大量の情報を入れ込む必要があったのかもしれないが、何がしたいのか?という感じだった。 結局、最後の最後には悪者と思っていたやつがそうじゃなかったというオチだったんだけれど、その勘違いしてしまっていた対象者との接触もないまま終了。 最後まで何がしたいのか分からないままモヤっと終了。 続編への伏線になっているのかもしれないが(さすがにそうじゃないとしたら無能)オソマツだとしか言えないな。

  • つとみ

    4.0

    ハリー・ポッターと私 その1

    先週の金曜ロードショーで久々に鑑賞。ノーカットじゃないし、吹き替えだったが、忘れていたことや、全作観たからこそわかる伏線(?)を思い出し楽しく観られた。 思えば初めは「子ども向けのファンタジー」だと侮っていたものの、観始めたらメチャクチャ面白かったことを正直に告白する。控えめに言っても最高のファンタジーだった。本当、観てみるまでわからないもんだな。 観直してみて、とにかくスネイプ先生への偏見がすごい(笑)。常に謎の雰囲気を身にまといつつ、陰ながらにダンブルドアと連携してホグワーツに貢献しているというのに。 「ハリー・ポッターと死の秘宝」にて明かされるスネイプ先生の過去を知って観ると、あらゆる局面で彼の愛を感じてしまって、やるせないというか温かいというか、とにかく画面に映る度に萌えてしまう。 彼の一人称を「我輩」と訳した人は天才なんじゃないだろうか。スネイプ先生の個性が強烈に引き立つ名訳だと常々思う。 ストーリーの方は、意外と謎解きみたいな要素が強くて、もちろんクディッチのシーンみたいなモロファンタジックなアドベンチャー映画ではあるんだけど、賢者の石をめぐるミステリー的要素が、面白く観られた大きな要素だと思う。 ハリーたちの推理とトライ&エラーの連続に常にくっついていって、一緒になって禁じられた廊下の真実をあぶり出していくワクワク。 ハリーに届けられる「THE魔法」なアイテムのワクワクとも相まって、魔法の世界に入り込んだような高揚感が味わえる。 ハリー自身が何も知らないところから始まって、徐々に魔法のことや自分自身のこと、友達のことや未来に立ちはだかる脅威のことが少しずつわかっていく仕掛けも楽しい。 ハリーが何も知らないからこそ、色々な人に愛され、応援され、もっと言うと露骨に贔屓されているような状況の天才少年、というキャラクターでも観ていられるのかもしれない。 何より、「もしも魔法があったら」と夢想したとき、現実の世界から羽ばたく力はそんな荒唐無稽さを伴って当然だからだ。 親戚に引き取られた孤児が、実は才能ある魔法使いで、才能を開花させて皆を導くヒーローとなる「男の子シンデレラストーリー」で、ぶっちゃけ王道のファンタジーなのだが、だがそれが良い。 私に「ファンタジーは良いぞ!」と教えてくれた名シリーズだ。

  • drm********

    3.0

    少年の心

    うーん…吹き替えで観たのが悪かったのか… とにかくハーマイオニーの吹き替えが最低だった。 棒読みにも程がある。少女だからそんなものという言い訳は通用しない。 もっとどうにかなっただろうに。 長編ファンタジーをうまくまとめていたし、キャラクターも魅力的。 確かに売れ筋だと思う。 というか、原作の時点で映像ありだったのだろうな? と思う。 正直、40代のおっさんには、今後すべての作品を観ようと思うシリーズではなかったが、興味は持てた。 子供たちがどう成長していくかを見守るのは楽しみではある。

  • fie********

    4.0

    最近の小学生の感想

    初めは楽しく見てましたが、途中からこれ校則違反で退学でしょ。だって。斬新な子供の感想にびっくりです。 確かに、改めて見ると駄目だと言われてることを次から次へとやらかしてますね、ハリー達。(笑) 真面目過ぎるのか、冒険心がなさ過ぎるのか、今のご時世がこうさせたのか。とほほ。

  • しおびしきゅう

    4.0

    何度目かの挑戦!

    『金曜ロードSHOW!』で鑑賞! もう何回も、テレビで放送しているので、何回か観たことはある! でも、最後まで観たことはなかった! どうしても途中で眠ってしまったりして! 今回は、ノーカット放送ではないけれど、録画して、眠ってしまってもまた巻き戻して、最後まで観た! ハリー・ポッター(ダニエル・ラドグリフ)は、魔法界では誰でも名前を知っている、伝説の魔法使い! 名前を言ってはいけない、偉大な魔法使い、ヴォルデモート卿に逆らった者達の中でただ一人殺されなかった! そのときにハリーは額に稲妻型の傷を負い、ヴォルデモートは肉体を失った! ヴォルデモートは、ホグワーツ魔法学校の先生の1人の体を借り、自分の肉体を取り戻すため、賢者の石を探していた! ハリーは、同級生の魔法使い、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)とともに、賢者の石を守る為、魔法の冒険をする! だいたいそういうお話であるが、舞台設定、道具や魔法の仕掛け、その他諸諸の魔法の世界が、子どもはもちろん、大人も夢中にさせる、要素に溢れているのである! ハリーの境遇は、シンデレラのようで、子どもの頃、自分は本当はこの家の子どもじゃなくて、もっと……みたいな妄想を抱いた人は多いだろうが、まさにそんな境遇である! 空飛ぶ箒や、ひと振りで魔法をかける杖、そのホンモノ! 十分に発達したCGと映像技術によって、その世界が遺憾なく表現されていて、そりゃもう、ドキドキワクワクの世界にどっぷり浸れますね! ラストは、ぬか喜びさせられた、スリザリン寮の子ども達が、可哀想だった?! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • 森田拓実

    5.0

    映画史に残る名作

    J.K.ローリングのファンタジー小説の世界を見事に実写化した映画史に残る超大作の第一弾。 映画の冒頭からその世界観に引き込まれます。 テンポも良くて、次から次へと起こる展開に目が離せません。 今から20年程前の作品だけあって、ハリーもロンもハーマイオニーも初々しくてとっても可愛らしいですね。 まさか後にハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフ君が『スイス・アーミー・マン』で死体の役をやるとは本人も想像していなかった事でしょう。 全8作にも及ぶ大作だけあって、シリーズが進むにつれて彼らの少しずつ成長していく楽しみがあるにしても、ストーリーが徐々にダークに変わっていくのは1作目のファンとしては少し淋しい気がします。

  • りん

    5.0

    ハリーポッター最高!

    本を全部読んでから見ました。魔法系の中でも面白いと思います。面白すぎて10回以上観ました

  • やふこ

    5.0

    ファンタジーものナンバーONE

    言うことなし。 何度でも見れる数少ない作品。 こんなにシリーズが長いにも関わらず、 どの作品も名作。 この作品を作ってくれてありがとうございます。

  • hick

    5.0

    ネタバレ全ての瞬間がテーマパークという没入感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • リュウケン

    5.0

    夢いっぱいの魔法の世界

    「魔法」と「学園」と言う革命を起こした作品であり、ファンタジーと現実の真ん中とも呼べる。  退屈で自由がない毎日を送る少年ハリーが自分の見たこともない想像もできないような魔法の世界に行くのは見ている私たちもハリーと同じようにワクワクしてみることができる。現実から抜け出して非現実の世界へと言うまさしく作品に求められるものそのものであり、そのシリーズの原点の物語。

  • mak********

    4.0

    やっぱりシリーズNO1

    まだハリーもロンも可愛らしい。ストーリーもわかりやすく、この後シリーズが続いてくごとに難しくなってしまったように思うので、やはりこれが1番良かったなあと思う。

  • やふたろう

    4.0

    ネタバレシリーズで一番

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/13 ページ中