ここから本文です

ハリー・ポッターと賢者の石 (2001)

HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE/HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE

監督
クリス・コロンバス
  • みたいムービー 221
  • みたログ 1.0万

3.96 / 評価:2045件

何度目かの挑戦!

  • cobc_q(雷武怒阿) さん
  • 2020年10月24日 14時26分
  • 閲覧数 258
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『金曜ロードSHOW!』で鑑賞!

もう何回も、テレビで放送しているので、何回か観たことはある!
でも、最後まで観たことはなかった!
どうしても途中で眠ってしまったりして!
今回は、ノーカット放送ではないけれど、録画して、眠ってしまってもまた巻き戻して、最後まで観た!

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドグリフ)は、魔法界では誰でも名前を知っている、伝説の魔法使い!
名前を言ってはいけない、偉大な魔法使い、ヴォルデモート卿に逆らった者達の中でただ一人殺されなかった!
そのときにハリーは額に稲妻型の傷を負い、ヴォルデモートは肉体を失った!

ヴォルデモートは、ホグワーツ魔法学校の先生の1人の体を借り、自分の肉体を取り戻すため、賢者の石を探していた!

ハリーは、同級生の魔法使い、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)とともに、賢者の石を守る為、魔法の冒険をする!

だいたいそういうお話であるが、舞台設定、道具や魔法の仕掛け、その他諸諸の魔法の世界が、子どもはもちろん、大人も夢中にさせる、要素に溢れているのである!

ハリーの境遇は、シンデレラのようで、子どもの頃、自分は本当はこの家の子どもじゃなくて、もっと……みたいな妄想を抱いた人は多いだろうが、まさにそんな境遇である!

空飛ぶ箒や、ひと振りで魔法をかける杖、そのホンモノ!

十分に発達したCGと映像技術によって、その世界が遺憾なく表現されていて、そりゃもう、ドキドキワクワクの世界にどっぷり浸れますね!

ラストは、ぬか喜びさせられた、スリザリン寮の子ども達が、可哀想だった?!

映画って素晴らしい!

そいつぁよかった!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ