ここから本文です

上映中

ハリー・ポッターと賢者の石 (2001)

HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE/HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE

監督
クリス・コロンバス
  • みたいムービー 221
  • みたログ 1.0万

3.96 / 評価:2012件

ダンブルドア校長の八百長に意義あり!

  • エンタメ至上主義 さん
  • 2007年10月8日 2時59分
  • 閲覧数 2102
  • 役立ち度 61
    • 総合評価
    • ★★★★★

【変にリアルな魔法使い学校】

魔法使いの学校というファンタジーな世界を
変にリアルに描いたところがハリポタの面白さだな。

杖とほうきという伝統的な魔法使いのアイテムが、
生徒にとって文房具のような扱いになってたり。

授業で呪文を教わるってのもいい。
上手くできるやつもいれば、
なかなか覚えられないやつもいたり。

有名な魔法カード入りの蛙チョコレート。
カード入りお菓子は世代を超えて子供の友だ。
ライダースナック。プロ野球スナック。
はりはり仮面。ビックリマンチョコ・・・。
カード目当てに買って、お菓子は捨てるのだ。


【ドラえもん的小道具が一杯】

あと、ドラえもん的に面白げな小道具が
たくさんでてくるのが魅力。

百の味がするお菓子、写真が動く新聞、
透明マント、きまぐれ階段、生きてる絵画、 
思いだし玉、鍵のとんぼ・・・。

ただ、この第1作の感想については、
細々としたところは面白いのだが、
全体的に貫く力強いテーマがないのが
正直な感想だった。


【この強引な差別的感覚は何?】

生徒の扱いにそこはかとなく、
強引な差別的感覚が感じられるのはなぜだ?

4つの寮の分類方法がすごすぎる。
勇気あるものの寮 グリフィンドール。
賢いものの寮 レイブンクロー。
この2つはいい。

でも、狡猾なものの寮 スリザリン。
ヴォルデモートもこの寮の出身って。
それってどうなんだ?
こんな寮に入れられて(しかも帽子ごときの判断で)、
喜ぶ子供はいるのか?
っていうか、
ドラコ満足そうだし。

もっとひどいのは、ハッフルパフ。
劣等生の寮って、そういうわけかたってあり?

まあ、寮の分類方法は大目にみるとして、
許せないのは、最後の成績発表だ。


【ダンブルドア校長の八百長に意義あり!】

アンフェアだ。猿芝居すぎる。
校長は最初からグリフィンドールに勝たせる
ことに決めて、逆算して追加点を決めている
じゃないか。

しかもわざわざ別の寮が勝ったように見せかけといて、
最後の最後でひっくり返すような卑怯な演出。
お手盛りもいいとこだ。

しかも、校長、グリフィンドール出身だろ。
派閥主義だ。職権乱用だ。

そんな恣意的な点数の付け方をするなら、
変にドラマチックな発表の仕方をしないで、
あっさりと、こう言えばよいのだ。

「では、私、ダンブルドア校長が
 独断と偏見で決める成績発表でーす。
 1位は、グリフィンドール!
 得点は・・・
 何でもいーのだあっー!」


【素直に悔しがってる場合か、ドラコ】

そんな子供騙しの成績発表に、
素直に悔しがっている場合ではなかろう、ドラコ!
それでも憎まれ役か?

狡猾なスリザリン寮生ならば、
不当なえこひいきを行っていると
教育委員会にでも告発して、
校長を追い込んでやれよ。

っていうか、
結構面白がってるのか、俺は?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ