ここから本文です

ブラック AND ホワイト (1999)

BLACK AND WHITE

監督
ジェームズ・トバック
  • みたいムービー 7
  • みたログ 61

2.67 / 評価:18件

解説

 ヒップホップ・カルチャー発祥の地、ニューヨークを舞台に、プロのラッパーを夢見るギャングとその周囲の様々な人間模様をリアルに描いた群像ドラマ。出演は「レス・ザン・ゼロ」のロバート・ダウニー・Jr、「エンドレス・ラブ」のブルック・シールズ、「メリーに首ったけ」のベン・スティラー、「BELLY 血の銃弾」のメソッド・マン。監督は「ピックアップ・アーチスト」「バグジー」のジェームズ・トバック。  将来はラッパーとして成功したいと願うリッチ。だが彼はストリート・ギャングのボスという立場や周りとの人種的な問題もあり、その夢を未だ果たせずにいた。映像作家の女性サム。彼女は、ヒップホップやそのムーブメントの原点である黒人のライフスタイルに憧れる白人の若者たちの実態を追う、というドキュメンタリーを撮るため、ゲイの夫テリーと共に取材を始める。しかし、行く先々でテリーがトラブルを起こしてしまい…。リッチの幼なじみで大学バスケのスター選手ディーン。ある日、彼はマークと名乗る白人男性から八百長試合を持ちかけられる。躊躇するディーンだったが、結局金を受け取り試合に出場。ところが、これは実は刑事であるマークが仕掛けた罠で、リッチ逮捕につなげるためのおとり捜査だった。こうしてディーンは、自らを犠牲に刑務所送りとなるかリッチを売るかの究極の選択を迫られ、窮地に陥ってしまうのだが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ