もしお許し願えれば女について話しましょう
3.5

/ 4

50%
0%
0%
50%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

セクシー20.0%笑える20.0%コミカル20.0%楽しい20.0%ロマンチック10.0%

  • nn1********

    5.0

    一口寸評

    自粛中暇なので、TSUTAYA発掘作品シリーズその1。 この手のオムニバス艶笑譚はイタリア映画の十八番(オ・ハ・コ)。 フェリーニやデ・シーカあたりも上手かった。 本作はモノクロ、とっても洒脱でシニカルな9つのショートエロ話が詰まったお徳用フィルムである。 向こうでは人気らしい、ヴィットリオ・ガスマンなる男優がすべてで主役、様々な役柄を器用にこなす、コメディアンのようないい役者だ。 対する女優陣はもちろんグラマー系の美女ばかり。 20歳で脚本家になった早熟な巨匠とはこれまで縁が無く、33歳で初めて撮った本作が初見になった。 この若さで男女関係の機微を、これほど皮肉軽妙に面白おかしく語れるとは。 やはりイタリア人は、こと恋愛に関しては達人である。 忍び笑いを漏らしつつ久々に味わう馥郁たる映画の醍醐味。 ここでは女も男も真に自由で平等なのだった。 特に殿方には、お洒落なDVDのパッケージともども是非お楽しみいただきたい。

  • 一人旅

    5.0

    発掘良品を観る #553

    TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 エットレ・スコーラ監督作。 『三月生れ』(58)や『気ままな情事』(64)の脚本を手掛けたエットレ・スコーラ監督によるオムニバス形式のイタリア艶笑譚で、洒落の利いた9つのエピソード(1話 約10分)が約100分間の上映時間にコンパクトに収まっています。各エピソードに登場する女性は異なりますが、9つ全てのエピソードでヴィットリオ・ガスマンが主人公の男を変幻自在に演じています。 「第1話」 猟銃を持った怪しい男が夫を捜していることを知った妻。夫が殺されると勘違いした妻は、夫を守るために捨て身の行動に出る…。 「第2話」 外では陽気&社交的な夫。しかし妻と息子が待つ自宅に帰ると、それまでの態度が一変する…。 「第3話」 街娼と寝た男。しかし、街娼の夫が自分の同級生であることが判明し…。 「第4話」 プレイボーイに妹を寝取られた弟。彼はプレイボーイに文句を言いに行くが、そのときナイスバディーな美女と出逢ってしまい…。 「第5話」 朝、男とベッドで目覚めた女。10時から用事があると言って女が向かった先は…。 「第6話」 金欠の男。彼は自宅に帰るために、ナンパを装って女の車に乗り込む…。 「第7話」 妻の計らいで仮出所を許された犯罪者の夫。しかし、妻の本当の目的は…。 「第8話」 廃品回収の貧しい男が高級アパートの女に呼ばれて部屋を訪ねる。実は彼女は暇を持て余した欲求不満な有閑マダムだった…。 「第9話」 女とドライブに出掛けた男。男はすぐにでも彼女と寝たいのに、しけ込める場所がなかなか見つからない。業を煮やした男は…。 皮肉とブラックユーモアと少しのお色気に溢れた多彩なエピソードを詰め込んだオムニバス艶笑譚。エレオノラ・ロッシ=ドラゴ、シルヴァ・コシナ、ジャンヌ・ヴァレリーら各エピソードに登場する華やかな女優達の艶っぽいお芝居も魅力満載であります。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
もしお許し願えれば女について話しましょう

原題
SE PERMETTETE PARLIAMO DI DONNE

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-

ジャンル