モスキート・コースト

THE MOSQUITO COAST

119
モスキート・コースト
3.2

/ 157

11%
20%
45%
18%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(23件)


  • ton********

    1.0

    がっかり感

    1987年の日本公開当時、付き合ってた彼女と観に行った。ハリソンフォードの映画だと期待満々だったが、最後まで訳が分からず、つまらないまま終了。それが原因かどうかは分からないが、彼女との最後のデートとなった記念すべき作品。 暇で仕方がなくて、ハリソンフォードのファンならば、ネタとして観ておくのは良いかも。

  • こばゆうさん

    2.0

    ネタバレなんかムカつく映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    4.0

    わがまま親父に振り回された顛末は・・・。

    文明社会を嫌う父ちゃんが、一家を引き連れてジャングル生活を始める。 最初は本人も妻も子供たちもなんとかやっていたが・・・。 ハリソン・フォードが偏執狂的な父親を熱演。 リヴァー・フェニックスが息子役、ヘレン・ミレンが妻役、とキャストも豪華。 今回2回目の鑑賞だが、以前観た時と印象は変わらず。 不安だらけの恐ろしい映画だ。 特に氷に執着するくだりは狂気的。 それこそあなたが逃げ出してきた文明の産物なのに。 何事にも程度というものがある。 そして、もう後はメチャクチャ。 ラストは空しさだけが残る。

  • bar********

    2.0

    Rフェニックスだけ◎

    昔見るつもりが見そこなってた作品。Hフォード演じるアリーが最後まで私にとって胸糞悪い人間だった。キリスト教を攻撃するのは勝手だが結局この父親の偏執っぷりはカルト宗教と変わらない。何が良くて母親は子供たちを道連れにするのを放置しているのかこれでは母親も同罪。理解に苦しむ 。自分たちの楽園に3人のならず者が居座り始めた時ですらアリーの味方には私はなれなかった。作品が何を語ろうとしているのか私のオツムでは理解できない話だった。 ただ今は亡きRフェニックスが綺麗。オアシスだったわ。

  • fra********

    1.0

    何が言いたかったのか?

    文明社会批判? 家族愛? どちらも見る方には届いてこない。家族が可哀想。 好き勝手に生きるのは本人の自由だし、そういう男を選んだ妻はともかく子供まで巻き込むな。 この頃のハリソン・フォードは精悍でかっこいいけど、この役ではまったく魅力なし。

  • とっちりんこ

    3.0

    ネタバレいい迷惑

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    2.0

    単なるわがままだね

    前年に「刑事ジョン・ブック目撃者」で組んだコンビがそのまま続投した作品。 主演にハリソン・フォードで監督はピーター・ウィアーなのだが、前作と同じ様な期待を持つと痛い目を見ることになる。 このハリソン演じる家族の父親はとにかく頑固で、自分の考えを頑なに通す。 例え家族の反対に遭おうとも主張を曲げることがない。 いきなりジャングルで何もない森から開拓して、生活を始めるという突発さ。 子供が4人いるのに学校など通わせず、サバイバルこそ大事という人間。 このハリソンが一体何がやりたかったのかを伝えていないから、氷が出来て喜んでいる画が間抜けに見えるだけなのだ。 家族の反対辺りからてっきりサスペンスの方向に傾くかと思ったら、家族の愛で占めるという変てこな着地点。 妻にヘレン・ミレンで子供にリバー・フェニックスという、無駄に豪華なキャストが意味がないもどかしさ。 そりゃ話題にならないわけだ(笑)

  • kih********

    5.0

    これでいい? もちろん、これでいい。

     重厚な作品だ。アメリカ文明社会を拒否して、未開地に真の文明を切り開こうという一家の話。彼の目には、科学の発達はいいのだがそれをキリスト教支配下に置き市場化していることが悪業である。その見方は正しい、と私も思う。彼をコミュニストと評する非難は当たらない、と私も思う。  一種の引きこもりとも言えようか。日本でも、農業主体の理想郷運動は例がある。一度は憧れる。ちょっと趣きが違うが、最近では退職後の人生を農村で過ごす “ Iターン” がしたブームのようだ。私もその一人。だから、本作で描かれる移住? の試みは良く分かる。  どの程度に主張を通すかにも依るが、大なり小なりの困難は必定だ。これを想定内のこととしてかからないと敗北は悲劇に終わる。その多くは家族(特に配偶者)の理解にかかっている。本作では、奥さんは良き理解者で、息子たちが納得できない構図になっている。大プロジェクトの進行中に不協和音が生じるのはこのパターン。破滅する。  なにも文明からの離脱プロジェクトには限らない。ごく普通の(アメリカ風でも、そうでなくても)家庭において、どこにでもある 父-息子 のバトルではないのか。いや、父のリーダーシップの権限と限界というところか。この父親の場合、ちょっと主張が強過ぎたというだけのことだ。強いて言えば、文明を批判しながら実は自分もその文明を武器にしているという自己矛盾に説明ができないこと、自己が確立する息子たちへの説得が不足していることなど、彼自身に弱味があった。  それでもなお、この映画は世の父親たちだけではなく若い男たちにも見せたい映画だ。今では(この父親が言うような、市場化された文明社会にあって)、物分かりのいい父親ばかりで、おかしなことだが、ひとつ芯が通らないバラバラの家庭が多い。爆発はしないが、フワフワと崩れ落ちる家庭崩壊が多いではないか。

  • a24********

    5.0

    ネタバレ他者の長所&欠点から学ぶ事の大切さ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    3.0

    自給自足生活

    DVDジャケットのメガネをかけて険しい顔をしてるハリソン・フォードのアップはどうも興味が惹かれなかったが、(笑)ヘレン・ミレンにリバー・フェニックスとキャストが豪華でアフリカでの自給自足生活のストーリーが面白そうだったのでレンタル。 はじめはアリーフォックス(ハリソン・フォード)の行動力あり、発明家としての才能など魅力ある人物に見えたけれど、だんだん見ていくうちに妻や子供の意見を歯牙にも掛けない、自己中心的で偏屈な部分が目に着き、好感の持てない人物でした。 自給自足生活は子供にいい経験になるだろうけどずっととなると(期限がないと)可哀想だなあ… 武装した男たちの行く末にはスカッとしました。

  • ポンたん

    4.0

    隠れた名作

    ハリソンフォードとリバーフェニックスが出ている映画で ここまで有名じゃないのも珍しい(笑 あまりにもマイナーな為か、レンタルビデオ屋にも なかなか置いてない。 でもビデオ屋で見つけたときは是非借りて欲しい作品です。 文明ってなんだろう? 自然との共存って? 汚染とは?? 観る人に考えさせる映画であり、心に残る映画です。 観て損はない作品!

  • kan********

    4.0

    リバー・フェニックスが最も光っていた作品

    リバー・フェニックスの2作目の映画。 「スタンド・バイ・ミー」と同年公開だが、こちらの方が先に撮られている。 そう思うと、1986年は素晴らしい豊作の年だったということか。 ちなみに、彼の映画デビュー作はその前年の「エクスプロラーズ」という3人の少年が主人公のファンタジー作品。 リバーはその中で一番冴えないが頭が良いメガネの少年役であった。 その時の主人公を演じていたのは、イーサン・ホークである。 ジョー・ダンテが監督しているし、今思うとすごい豪華共演だが、しょーもない作品だったと記憶している。 というのは置いといて。 本作は、ノリノリの頃のハリソン・フォード主演にも関わらず、あまり知られていないようだ。 私の知り合いでも見たことがあるという人にお目にかかったことがない。 奥さん役はヘレン・ミレン。 本作のハリソンは、一言で言うと「超強烈頑固オヤジ」だ。 屈強なヒーローではなく、何をやってもうまくいかない、絶対友達になりたくない/なれない男。 人の話は聞かず、常に正しいのは自分だけの独りよがり。 狂気と紙一重なハイテンション、迷惑でしかないという域に達した行動力。 それでいて実は弱い。 あまりに偏屈で、かつ非常に頭が良いため、百般の人間には理解されない。 家を、国を捨て、家族を引き連れて南米のジャングルへ出奔してしまう。 朝食の食器類を流しに突っ込んだまま、ほとんど着の身着のままで。 妻は、あきれたように、あきらめたように、それでも少し楽しそうに、4人の子ども達と共について行く。 だが、楽しいと思えたのは始めだけ。 やがて何もかもがうまくいかなくなり、家族の歯車も軋みだす。 その長子チャーリー役が、リバー・フェニックスだ。 彼は、父親を心から尊敬し、あこがれている。 だが、様々な経験を重ねるうちに、次第に父親の行動に疑問も持つようになっていく。 その揺れる心情を、リバーは見事に演じている。 彼の生涯で数少ない映画のうち、本作品が最も光っていると私は感じる。 瑞々しく、美しい。 本当に、早すぎる死だったと思う。 「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」見たかった。 ジャングルで生活している時、アリーは冷蔵庫を作る。 それはアメリカに住んでいた頃発明した作品の大型版で、未開の奥地で氷が作れるスグレモノ。 それをグラスに浮かべて、「これが文明だ」と悦に入るアリー。 あなたはそこから逃れてジャングルに入ったのではなかったのか…と、なんとなくもの悲しいような、滑稽な感じがする。 さらに、そんな未開地にさえ、キリスト教の布教は来る。 恐るべき熱意だと思う。 地球上の全ての人類が「主の教えを欲しているはずだ」と思いこめる、あの盲目的なまでの布教意欲には、感心するより恐ろしい。 一家はジャングルさえも追われるように出て、アリーの言うがまま小舟で大河を上る。 しかし、アリーは船上で一人先立ってしまう。 船頭を失った家族はやがて海へ出て、映画は作品の語り手・チャーリーのモノローグを聞きながら静かに幕を閉じる。 その語りが、とてもとても深くて染みいる。 彼が何を語ったのか、どうか、実際にご覧になっていただきたい。 文明とは何か。人間にとって幸せな生活とは何なのか。 この作品は、かなり毒気の強い一人の男と、その背中を見ながら大人になろうとする少年を描きながら、静かに問いかけてくる。 アリーは何を求めたのか。 彼が求めたものは、本当にこの世に存在するのか。 それはただ、一人の男の妄想の中にしかないものだったのではないか。 家長を失ったフォックス家は、どこへ漂流するのだろう。 父の姿を見て様々なことを学んだであろうチャーリーは、その後どういう決断をし、どのような方向に舵を向けるのだろう。 描かれなかった彼らの未来が、平穏で明るいものになることを祈らずにいられない。 ところで…。 型破りな父、それに付き従う母、困惑する子ども達、家を捨てて家族で出奔…という構図を最近どこかで見たなと思ったのだが、今気づいた。 奥田英朗作の「サウス・バウンド」だ。 映画は見ていないが、小説は面白かった。 よし、見てみよう。そのうち。ん~、森田芳光監督か…ちょい、微妙な…。

  • rmd********

    4.0

    ネタバレサバイバルが本当の学習だ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gor********

    4.0

    ハリソンの偏屈オヤジ

    ハリソン・フォードが、 こういった役をやってたんだってのが、 まず新鮮だったんですが、 この偏屈オヤジっぷりは、正直カッチーンですね。 息子役のリバー・フェニックス演じるチャーリーが、 そんなオヤジでも信じてついていくとこがまた、 健気で、いじらしくて・・・。 文明社会に対する否定はすれども、 人間の気持ちの繋がりをも否定するようになっちゃあ、 おしまいだよね。 考えさせられる作品でした。

  • tbf********

    4.0

    まるで本当の親子のように

    ずいぶん前に観た映画なので詳細を忘れたが、今は亡きリバー・フェニックスとハリソン・フォードはこの映画を通して実際に親子のように親しくなったそうだ。 わがままで自由奔放な父親に疑心暗鬼の念を抱きながらもいざとなると一番についていく長男。あんなお兄ちゃんいたら私も一緒に行きたい!!

  • zun********

    4.0

    個性も行き過ぎると・・・

    徹底した現代社会の否定者である父親が、家族を連れて南米の地図にも載っていないところで生活を始める。 最初は喜ぶ子どもたちだが次第にアメリカに帰りたがるようになる。そりゃそうだろう。お菓子も遊具も何もないのだから。こんな父親を持ったら悲劇だろうなあ。 発明家でもある彼は氷を作る機械を作って皆を驚かせる。そんな破天荒な人生に似合うように、彼は誤って銃で撃たれ死んでしまう。あまりにも苛烈な人生で、傍迷惑な人物。無関係な外野から見れば面白い奴とすることも可能だろうが・・・。家族にとっては迷惑千万でしかない。 個性が大事だと言われる時代だが、その本質を問うような作品と言える。

  • 一人旅

    4.0

    バイバイアメリカ、ハロージャングル

    物に溢れ、管理された文明社会を捨て、中米のジャングルで自給自足の生活を始めた男(ハリソン・フォード)とその家族の物語。ある程度管理された社会でないと生きるのは相当難しい。自分たちが食べる物を作れればいいだけではない。警察とかそういった組織がないから、自分たちの手で外部の敵から身を守らなければならない。これじゃ戦国時代と一緒。適度な管理と適度な自由が一番いい。何事も行き過ぎは禁物。

  • kk1********

    4.0

    イイ映画!

    よかったら観てください。金は掛かってませんが、内容が深い映画です。

  • god********

    4.0

    ネタバレ自然に憧れた発明家

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fbx********

    3.0

    評価ほど酷くない。

    中々いいです。 評価は渋いですけど、見てもいいと思います。 リバー・フェニックス、いいですね。

1 ページ/2 ページ中