モスクワ大攻防戦/第1部・侵略
2.5

/ 2

0%
0%
50%
50%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

スペクタクル100.0%

  • syu********

    3.0

    『バルバロッサ作戦』

    1941年6月、ナチス・ドイツがソ連に侵攻すると、教皇ピオ12世はこれを全面的に支持はしないものの「基督教文化の基盤を守る高潔で勇気ある行為」と論評した。(バチカンの教皇は1939年3月にピオ11世から12世に代わっていた)。 羅馬教皇が最後まで欧羅巴最大の危険とみていたのは、“ナチス新興異教”よりもソ連の「無神論共産主義」だった。独逸のカトリック教会ではこの侵略を「欧羅巴十字軍」として支持するものまで現われたのであった。第3回十字軍を率いた神聖ローマ皇帝バルバロッサ(フリードリヒ1世)の姿に、ヒトラーは共産主義という「異教徒」に対する自分の姿を重ねあわせていた.  亜米利加の雑誌『タイム』は、1923年に創刊した亜米利加の週刊誌であり、世界初の「ニュース雑誌」としても知られている。この雑誌が毎年決定する「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の 第12回目の受賞者はヒトラーだった(1938年)。 ●こうした評価の裏には、当然理由があった。ヒトラー政権の誕生をバチカンは、国際社会の中でナチ政権を公認した最初の国家となった。 陰から後押ししたのがバチカンであり、亦ヒトラー政権は、米英仏の世界体制の中で、反共主義でソ連を敵とすることが期待されていたからだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
モスクワ大攻防戦/第1部・侵略

原題
THE BATTLE FOR MOSCOW

上映時間

製作国
ソ連/東ドイツ

製作年度

公開日
-

ジャンル