ここから本文です

イルマーレ (2001)

時越愛/IL MARE

監督
イ・ヒョンスン
  • みたいムービー 102
  • みたログ 1,319

3.20 / 評価:427件

ロマンチストには恐らくいい映画

  • sol***** さん
  • 2020年11月9日 14時52分
  • 閲覧数 97
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本ストーリーで何であれポジ面を見いだせないと視聴は辛くなるもの。

本作の顔でもある海辺の家が・・・はっきり言ってしまうと高評価者の神経を逆立てることになってしまうかもしれないが、なんちゅうか・・・やっぱやめよ・・・。

要はそれほど魅力的に見えなかったというのが本音。
潮の干満が大きい干潟海岸に一軒だけポツネンと建っている恐ろしく寂しげな家。
陸側も造成された土手と未舗装の土道と殺伐風景。とてもあんな場所では一人でも家族でも住むのは並大抵のことではないと実際的観点からは思えてならない。

そして本筋の2年の時空を隔てたラブストーリーも、ロマンチストではない私には残念ながら響くものはなかった。
どうやら主役男子が徐々にヒロイン未来女子に恋するということらしいのだが、うーん、「不思議な時空超越機能付きポストボックス」で交わされた手紙やプレゼントが恋に到る程の何かを主役男子に呼び覚ましたという説得力はそれほど感じられなかった。

そんな冷めた目でしか映像を追えなかったものだから、1.2倍速にも拘わらずかなりの間延び感が生じてしまい、97分の映画が2時間超と感じてしまったほど。

そして悪いことに、序盤で主役男子の運命が読めてしまったのも痛かった。とはいえ、土壇場でその予想は良い方向に覆されたのだが、それとてこちらの情緒に影響をもたらすことはなかった。

視聴後にディスク特典の撮影エピソードを読み、監督さんがかなり画作りに心血を注いだと書かれていた。ところが悲しいことに愚かな視聴者(←俺)は映像の技巧性や芸術性を感じることも理解することもできなかったというお粗末さ。まことに申し訳ない・・・

総評1.5の一つ星

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ