ここから本文です

シャンプー台のむこうに (2000)

BLOW DRY

監督
パディ・ブレスナック
  • みたいムービー 95
  • みたログ 550

3.88 / 評価:77件

キャスティングが光る隠れた秀作コメディ

  • ポルティ さん
  • 2019年5月27日 12時00分
  • 閲覧数 182
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは楽しい映画だ。「フルモンティ」の脚本家サイモン・ボーフォイによるユーモアと情感に溢れた脚本が秀逸で、作り込まれてない演出もテンポ良く、鑑賞後の爽やかな印象が心地よく尾を引く英国産コメディである。 英国ナンバーワンの座をかけて全英ヘアドレッサー選手権に挑む美容師達の愛すべきキャラ造形が素晴らしく、それを具現化したキャスティングの妙味が本作の大きな魅力のひとつだろう。

アラン・リックマンとナターシャ・リチャードソンの元夫婦役っぷりが実にハートフルだし、ハリウッドから出演のジョシュ・ハートネット、レイチェル・リー・クックも英国の雰囲気に違和感なく馴染んでいる。そして個人的にはこの人、ビル・ナイ。もう顔を出すだけでコメディとしてのクオリティをワンランクアップさせるほどの名バイプレイヤーだと思っているが、本作でも存在感ある絶品の味わいでストーリーを盛り上げてくれる。

製作されて20年余り、既に夫婦役のふたりに加え、市長役で良い味出しまくりのウォーレン・クラークもこの世におらず、米国勢のふたりもあまり顔を見る機会がなくなった現在となってはもはやノスタルジーたっぷりの一本となってしまったが、作品の魂は永遠。知名度こそ低いが、まさしく万人が楽しめる隠れた秀作だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ