ここから本文です

アメリ (2001)

LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN/AMELIE/AMELIE FROM MONTMARTRE

監督
ジャン=ピエール・ジュネ
  • みたいムービー 796
  • みたログ 9,305

3.76 / 評価:2265件

アホくさ

  • l_3******** さん
  • 2018年9月13日 23時39分
  • 閲覧数 3963
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

観ながら舌打ちしそうになった映画は初めてです。
こんなもんが「カワイイ」で「おしゃれ」だと??ふざけんなと思いました。
映画だから犯罪とかそういうツッコミは置いといても、他人の気持ちを振り回して自分は安全圏でほくそ笑む主人公の陰湿で姑息なスタイルに絶えず神経を逆撫でされてしまい、鑑賞後はファニーゲームを初めて観た時と同じような気分になりました。

主人公がおじさんに宝物の箱を渡すまではまだなんとか好意的に見れました。
でも、その後は…
他のレビューでも言われていますが40年前の手紙の件は特に酷い
しかも、手紙を読んだおばさんが主人公に話を聞いてくれと言っているのにそこはスルー
お前が仕掛けたんだから最後までフォローしてやれよ!ってムカムカしました。
主人公は他人に小さな幸せを与える妖精か何かを気取ってるつもりみたいだけど、結局自分が気持ちよくなることしか考えてないんですよね。
彼女の存在は可愛い妖精どころかむしろ気持ち悪い妖怪といっても過言ではないと思います。

ラストも糞みたいな展開でして
男性の方から追いかけて来てくれて結ばれてハッピーエンド
主人公は自宅のドアを開ける程度の努力しかしてないんですけど
病的にシャイなのに一応初対面の男とその日のうちに寝るの?あっそう…ふーんって思いました。

なんだかなー
とりあえずオシャレな雰囲気でフワッと包んどきゃいいだろ、みたいな客を小馬鹿にしてる感じで全体的にわざとらしい印象を受けました。
評価されている作中のインテリアもあまり趣味が良いとは思えませんでしたし。
まあ綺麗な映像と美しい女優とおフランスのオシャレな雰囲気を持ってしてもここまで観る側を不愉快にさせるなんて逆に凄いなって感動はしましたけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ