チルファクター

CHILL FACTOR

101
チルファクター
3.6

/ 7

29%
29%
14%
29%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • ppp********

    5.0

    ダイハード、スピードを彷彿させる娯楽大作

    未だにレビューもないので 全然期待してなかったんですが、最高におもしろかったです。 始まってすぐから追われる主人公2人。 相手は軍のプロフェッショナルたち。 本当だったら勝ち目のないカーチェイスを 様々な強運で逃げ抜ける。 極秘の化学兵器”エルヴィス”は10℃より温度が上がると 核爆発のような大爆発を起こす物質。 これを盗んで政府から大金を巻き上げようと考えるのは 軍でひどい目にあい復讐を誓った軍人。 エルヴィスを作った博士から突然このエルヴィスを託された コンビニ店員とアイスクリーム配達員は アイスクリームトラックで、このエルヴィスを悪役軍人から 守るべく、逃げて、逃げて、逃げ続ける。 このトラックが廃車寸前のポンコツだし、逃げる2人は 銃も持っていない、ただの一般人。 最初から最後まで続くこのカーチェイスが超ハラハラドキドキで ずっと心拍数上がりっぱなしでした~~~ 主人公2人は偶然出会った同士で最初は気持ちも合わずに 喧嘩ばかりですが、道中だんだん友情が芽生えるところが 感動的です。 また、全編通してアイスクリームトラック運転手役の キューバ・グッディングはコミカルで、ストーリーの緊張感を 和らげる中和剤的役割です。 この俳優はアメリカでは相当人気があるらしいですが 私はこの映画で初めて見ました(^^; ナイトシフト(夜番)と呼ばれるコンビニ店員役のスキートは ずいぶんたくさんのアクションシーンをこなし、自然体で よく役を演じきっています。 悪役軍人役のピーター・ファースも初めて見た俳優ですが 怖さ、悪役度も抜群ですごい迫力でした。 主役は2人ですが、ダイハード級のドキドキ映画です。 CGの爆発シーンも良い出来だと思います。 この作品がまったく無名なのは残念です・・・・ 日本にももっと色々な映画が入ってくればいいのにと 思います。

  • oce********

    2.0

    ご都合主義

    アクション映画であり画的には派手だが、設定の雑さがかなりあり、CGとの併用は対比がバレバレと厳しい評価になる。 温度が上がると爆発する兵器エルヴィス。 これの管理によって対立した兵士と博士。国の決定で兵士のみ投獄。 恨みを抱えたまま脱獄して博士を殺しエルヴィスを強奪しようとするが、寸でのところで二人の若者に兵器を託す。 巻き込まれ型のタイプではあるが、都合よく冷凍車であるとか、車が破壊されたらはボートがあるだの、ご都合主義が目立つ。 敵もみすみす逃亡を眺めるなど、?な部分が勢いを削いでいる。 主演もキューバ・グッティング・Jrとスキート・ウールリッチなど、今や過去の人たち(笑) やはりB級の映画で間違いないが、程度が低いB級になっている。

  • gre********

    4.0

    チルファクター

    化学兵器開発実験失敗で部下が死んだ責任を取らされ服役した元軍人が、研究所を襲った。常温で爆発する薬品を、持ち出した博士はコンビニまで来て死んだ。釣り友の夜番店員はアイス配達運転手と低温維持しながら逃げた。

1 ページ/1 ページ中