ここから本文です

世界の終わりという名の雑貨店 (2001)

監督
濱田樹石
  • みたいムービー 68
  • みたログ 95

2.29 / 評価:17件

解説

 どうしても現実と上手く折り合いをつけられない情報誌ライターの雄高は、自分だけの世界を築くかのように雑貨店を始める。ある日、そこへファッション雑誌から抜け出たような少女・胡摩がやってくる。周りの友だちにも家族にも自分をわかってもらえず、周囲に埋めようもない距離を感じていた胡摩。お気に入りの服を着て自分を表現することでなんとか心のバランスを保っていた。店にただ入り浸る胡摩に、やがて雄高は自分と同じものを感じる。二人にとってこの店は世界で唯一の居場所になる。しかし、社会を生きられない二人が一緒になることはあまりにも困難だった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ