江戸川乱歩の美女シリーズ 天使と悪魔の美女 江戸川乱歩の「白昼夢」
3.7

/ 7

29%
43%
14%
0%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)

悲しい25.0%セクシー25.0%不気味25.0%恐怖25.0%

  • hir********

    4.0

    江戸川乱歩は、自分にとってNo1。

    お早う御座います。 お気レビの「どーもどーも」さんのレビュー読んでて、うなづきました。 文庫版出ましたよね・・・昔、「ポプラ社」から出てた「少年探偵団」シリーズ。 「妖怪博士」と「魔人ゴング」「宇宙怪人」と3冊購入しました。 ガキの頃、夢中になって読んだ記憶が、甦りました。 あと、講談社か、どっかから、6冊くらい、豪華なカバー付きのが出ていて、 「蜘蛛男」「一寸法師」「幽霊塔」「三角館の恐怖」「人間豹」「幽鬼の塔」でしたか、 カバーのイラストも凝ってて、サイコーでした。 小学校5,6年の頃には、もう「春陽文庫」とかに手出してましたね。 大人向けの「乱歩」も何だか、わからないけど、不気味で怖かった。 「芋虫」「ろくでなしの恋」「鏡地獄」「防空壕」「人間椅子」・・・ そして、このドラマにもなった「白昼夢」。 当時、中学生くらいでしたが、 どうやって、この5ページくらいの「短編」を2時間ドラマにするのか? 興味深く観たもんです。 基本的には、12チャンでやってた「明智小五郎」シリーズが特に怖かった。 その後、NHKで、夏木陽介、米倉斉加年、萩原健一で「明智探偵事務所」があって、 それから、天知茂の「明智小五郎」が始まります。 映画では、「パレットナイフの殺人」が1946年製作ですね。 そのあと、「一寸法師」や「蜘蛛男」なんかが映画化され、 カルトな「黒トカゲ」や「盲獣」、「奇形人間」なんかが、出て来るワケです。 「白昼夢」は、テレ東の「明智小五郎」シリーズでもやっていて、強烈でした。 でも、この2時間ドラマの方が、よく練られていて、面白かった。 ストーリー的には、「白昼夢」と「踊る一寸法師」「灰神楽」と、混ざっていました。 高田美和の美しさと、 後の「天国の駅」での「怪演」を予見させる、 中村嘉津雄の、「狂気」が爆発した凄まじいドラマでした。 ちなみに「乱歩作品」で、絶対映像化されそうにないのは、「闇に蠢く」ですな。 テーマが、アブナ過ぎます・・・・

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


天知茂明智小五郎
高田美和青木芳江
美保純青木かおる
小野田真之小林少年
荒井注波越警部
鰐淵晴子三田村秋
中村嘉葎雄青木愛之助

基本情報


タイトル
江戸川乱歩の美女シリーズ 天使と悪魔の美女 江戸川乱歩の「白昼夢」

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-