ここから本文です

モード・イン・フランス (1985)

MODE IN FRANCE/MODE EN FRANCE

監督
ウィリアム・クライン
  • みたいムービー 7
  • みたログ 13

2.50 / 評価:2件

失敗・・

  • noh***** さん
  • 2009年5月2日 10時35分
  • 閲覧数 410
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

借りるんじゃなかった・・。
見なくてよかった。たいていの映画は最後に行き着くまでに、良い悪い、大小にかかわらず、何か感情を動かしたりくすぐったりしてくれるものなんだけど・・。
それが、くだらない!とかでもいいのだ。なにか、あれば、ねえ。
わたしはすんごいケチケチなので、一応お金を払ったものは、最後まで見る。展覧会にしても映画にしてもライブにしても。最後まで見たら、なにかは感じるから。

これ、なんにもなかった(苦笑)。ああああああああ。いや、まだあるもんね、まだ先があるもんね、といい聞かせつつ待っていたのに、いきなりFIN!!ええええっ。ひっくりかえった。思わず笑ってしまった。

コレクションを堪能できるわけでなく、デザイナーの魅力に迫るわけでなく、
デザイナーの素顔がみれるわけでなく・・。しかも、絵的にも音的にも、はずかしい。・・かっこよくない。ぎり80年代をリアルに知っているからなのか。編集の仕方もアイデアもカメラもはずかしい。唯一、被疑者に歌を歌うよう指示して、鼻歌くらいにワンフレーズ口ずさんだ中に、セルジュ作曲のバルドー(後にフランス・ギャルも歌ったかな)の歌があって、お!と思ったくらいか。
ところが、それも、エンドロールで、音楽担当がセルジュとなっていて、
あんたが担当かい!みたいな・・。じぶんで担当して、自分の作曲した昔の自分の女の歌を、女の子に歌わせたのか。それにしても、これがセルジュのお仕事だなんて、
ショックだ。はずかしいんだもん。うわあ。すきだから、よりショック。聞かなかったことにしよう。

これさあ、誰がたのしむのかな。
いやあ。
はあ。
ううむ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ