ここから本文です

ミスター・ルーキー (2002)

監督
井坂聡
  • みたいムービー 11
  • みたログ 185

3.67 / 評価:42件

勝っても負けても虎命!!!

  • なつそら さん
  • 2009年11月14日 21時36分
  • 閲覧数 326
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

今シーズンの阪神はあまりいいところがなく
最終的にBクラスという結果で終わってしまいました。
本当に今シーズンお疲れ様でした。

で、この映画。
以前からこの映画の存在は知っていましたが
やはり元巨人の一茂が主演ということもあり
何で一茂?という気持ちが強く見るのをためらっていました。


結果。大満足でした!!!!

一茂は意外と演技がうまかったです。
ただ駒田とか他の選手の演技ははっきりいって微妙です。
見ているうちにそんなことはどうでもよくなりましたけどね!

皆さんもご存知のようにこの映画が製作された
2002年まではどん底のチームでした。
それが今では常に優勝争いをするまでに強くなって
昔を思い出し涙が出てきました。

さらに追い討ちをかけるように出てくる名選手達!
田淵や1985年優勝時のメンバー達。
吉田監督、仲田幸司、福間納、中西清起
最終兵器はなんと最強の助っ人ランディ・バース!!!!!
(映画では優勝時の4番って言ってるけど3番なんだけどね)
体は変わってるけどバッティングフォームは昔のまんま!
この登場で私は涙したね!

さらにさらに当時現役だった
広澤、藪、代打の神様八木、
今も現役の矢野、現在の代打の神様桧山。
うれしかった!!!!

そのあとびっくりなことに
胴上げのシーンで能見の名前発見!!!
能見は2005年入団のはずと思っていたら
撮影に協力していたのは大阪ガス!
社会人時代に阪神のユニフォームをすでに着ていたんですね!
しかも同じ背番号14で!これも何かの運命なんでしょうか?
今年はようやく真価を発揮してくれて
来年は左のエースとして15勝はしてもらいたいもんです。

なんだか映画の感想ではなくなってしまいましたが
唯一エンディングで六甲おろしが
一番までしか流されなかったのが残念でたまらない。
21日に来シーズンの優勝に向けて聖地甲子園で
今シーズン最後の六甲おろしを思う存分歌ってきたいと思います。



その前にアツくなった気持ちを静めるため?
今から六甲おろしを最後まで歌い上げたいと思うので
これで失礼します。

♪闘志溌剌 起つや今~ 
         熱血既に敵を衝く~♪
 (知らない人のためにこれは六甲おろしの2番の出だしです)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ