レビュー一覧に戻る
落穂拾い

落穂拾い

LES GLANEURS ET LA GLANEUSE

82

pec********

5.0

フランス社会

フランス社会の影の部分とでも言うべき、モノ(食べ物)をひろって生活する貧しい人々に主に焦点をあてた映画です。 ヌーヴェルバーグのアニエス・ヴァルダが監督で自身も映画に登場しますがとても魅力的なかわいい御婆さんになっていました。 ドキュメンタリーとしてもとても興味深いですが、ミレーの落穂ひろいがテーマになっており、構成もとても良かったです。 フランスの華やかな面だけでなく、フランス社会の実像も知るために多くの人に見てもらいたい映画です。

閲覧数1,043