レビュー一覧に戻る
息子の部屋

息子の部屋

LA STANZA DEL FIGLIO/THE SON'S ROOM

99

yuk********

5.0

人を癒して前を向かせるもの

カンヌの評価が好きだから いつも出来るだけ見る。 これもパルムドール受賞。 幸い私はまだ家族の死というものを経験してない。 でももうそうろそろ覚悟はしないといけなくなってきた。 大切な人を永久に失うことはどんな気持ちだろう。 そのときのことを考えると 後悔しないように出来るだけの事をしておきたい。 でも予想もしない肉親の死が突然訪れたら・・・ どんな傷もいつかは癒えるけど どんな風に癒えていくか・・・ それはそれぞれだ。 ある家族のその過程を描いたのがこの映画だ。 息子をなくした父親は『もしもあの時・・・』と思い 母親はその面影を追い続け 姉は自分も傷を抱えながら 弟の面影に支配された家族を想い心を痛める。 息子の死後 生前知らなかったことがわかったりする。 家族なのに・・・ もっと知りたかった・・・ 家族が知らなかった彼の一面。 自分たち家族の知らないところで 同じように彼の死を悼む人が 居ることを知った時の喜びと複雑な思い。 人を癒して将来に目を向けるようにするものはなんだろう。 人の優しさとか強さにふれた時にもそうだろうけど やっぱり生きていきたいという自分自身の気持ちのような気がする。 朝の国境で姉の言葉に吹き出した両親。 このシーンが一番好きだ。 自分たちはまだまだ引きずって立ち直れずにいるのに 今日のバスケの試合に出場出来るか出来ないか 必死になって思わず口走ったその姉の言葉に 吹っ切れたようにカラカラ笑う。 ホッとする。

閲覧数659