ここから本文です

キューティ・ブロンド (2001)

LEGALLY BLONDE

監督
ロバート・ルケティック
  • みたいムービー 322
  • みたログ 3,728

4.17 / 評価:968件

解説

 陽気で天然ブロンド美人のエル・ウッズ。大学ではファッション販促を専攻し、成績も優秀で女性社交クラブの会長を務めるほどの人気者。そんなエルがいま何よりも待ち望んでいるのが政治家志望の恋人ワーナーのプロポーズの言葉。しかしある日、ワーナーが切り出したのは別れ話。議員の妻にブロンドはふさわしくないというのが理由。突然のことに動転するエルだったが、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、自分もそこに進みワーナーに認めてもらおうとファイトを燃やし、みごと超難関の試験を突破するのだったが……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

(C)2001 TWENTIETH CENTURY FOX
(C)2001 TWENTIETH CENTURY FOX

「キューティ・ブロンド」─「キューティ・ブロンド」は“対決の映画”である

「キューティ・ブロンド」は“対決の映画”である。ブロンドVSブルネット、西海岸VS東海岸、外見VS内面、Windows VS Mac、堅実VSお色気、ポジティブ思考VSネガティブ思考、レズVSゲイ、殺人VS事故――、ざっと並べただけでもこの有り様。そしてこの戦いのすべてに参戦してはサクセスして行くのがブロンド娘という仕組み。

かつてマリリン・モンローの孤独な死が発見された日以来、ブロンド崇拝の神話が崩壊されて長い年月が経つが、それまで金髪は常にみんなの憧れだった。その対極にはいつもブルネットがいたけれども、男はブロンド美人にはそれ以上の何かを期待せず、ブルネット美人にはそれ以上の何かを妄想した(最近の良い例→「マルホランド・ドライブ」!!)。

そんな紋切り型の対決に風刺を込めようとしたらコメディになった本作。何故だかアメリカのティーンに絶大なる人気を誇る、シャクレ顎のバービー人形のようなリーズ・ウィザースプーン演じるエルの、根拠のない自信に満ち溢れた前向きさに根拠のない感動すら覚える。ハーバード大学に送るビデオ論文の監督にコッポラを任命する手腕もお見事。

落ち込んでいる金髪娘たち必見のファンタジーだ。(大林千茱萸)

4月27日より、渋谷東急3ほか全国松竹・東急系にてロードショー

[eiga.com/4月25日]

映画.com(外部リンク)

2002年4月25日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ