ここから本文です

ラットレース (2001)

RAT RACE

監督
ジェリー・ザッカー
  • みたいムービー 81
  • みたログ 497

3.82 / 評価:114件

一攫千金コメディの快作!

  • 一人旅 さん
  • 2018年4月5日 22時41分
  • 閲覧数 590
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジェリー・ザッカー監督作。

大金獲得を目指して熾烈な競争を繰り広げる人々の姿を描いたコメディ。

映画製作チーム「ZAZ」の“Z”ことジェリー・ザッカー監督による“一攫千金コメディ”の快作で、ギャンブル好きの大富豪が駅のコインロッカーに隠した200万ドルもの大金をゲットするため、ラスベガスからニューメキシコ州目指して熾烈な競争(レース)を繰り広げる十数名の男女の珍道中を、ザッカー流のドタバタコメディで面白激しく賑やかに活写しています。

久々に腹の底から笑えるコメディ映画を発見しました~。設定的には『おかしなおかしなおかしな世界』(1963)と『デス・レース2000年』(1975)を足して割ったような作品です。とにかく何でもアリのはちゃめちゃ争奪戦が見物で、観客を爆笑させるための数々のアイデアが至る所に溢れています。“よくそんな展開思いつくなあ~”って感心させられるほどで、ネオナチの博物館に間違って入館してしまうファミリーのシーンもそうですし、牛と一緒に気球にぶら下がって空中散歩するシーンや、移植用の心臓を誤って落としてしまいパニくるシーン、ヘリコプター乗って目的地目指していたら恋人の浮気が発覚してマジ切れするシーン、そんでもって2ドルをケチって売り物の“リス”を買わなかったら谷底真っ逆さま…といった具合に、ストーリーの論理性を完全無視した笑いの仕掛けがこれでもかと満載なのです(この文章だけではきっと意味不明でしょう)。

とまあストーリーはともかくとして、爆笑必至のコメディ演出がウザいくらいに目白押しの本映画は頭の休息が必要な人にぴったしです。で、出演者も有名所がばんばん出てます。ローワン・アトキンソン(突然眠っちゃう謎の病気持ち!しかも片言の英語を喋るイタリア人役!)にウーピー・ゴールドバーグ(母と娘の感動再会譚なんてどこ吹く風!)、そしてキューバ・グッディング・Jr(誤審を責められ身ぐるみ剥がされちゃう!)。個性豊か過ぎるキャラクター&ザッカー監督の類い稀なコメディセンスが全編に亘って冴え渡った一攫千金・大金争奪コメディの快作であります。

グッディング・Jrが同じ衣装の女の一群に追いかけられるシーンは『キートンのセブン・チャンス』(1925)のオマージュです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ