レプリカント

REPLICANT

99
レプリカント
2.7

/ 53

4%
17%
38%
32%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • yuki

    4.0

    面白いですよ

    ヴァン・ダムの映画にしては 珍しく面白いと思いますけどね 純粋なコピーヴァン・ダムの方が 可愛くて良い。 娼婦の女の子も可愛い。 サイコキラーが そんなキックボクサーみたいな 回し蹴りとかできる?とは思いますけど まあヴァン・ダムだしな…て。 誰でもない知らない俳優だったら つまらないと思いますけどね。 平均評価が低すぎるので 上げるために星4つ。

  • スーザン

    2.0

    そもそもの設定からツッコミたくなる。

    シリアルキラーを捕まえる為にわざわざクローン技術使うって・・・。 普通に捜査した方がよっぽど効率良さそうだが。 まあそんな変ちくりんな設定抜きなら、生まれたてホヤホヤのヴァンダムと、サイコパス殺人犯のヴァンダムをダブルで楽しめる。 でも、二人の格闘シーンは少な目です・・・。

  • aba********

    2.0

    ネタバレ悪い子、いや悪い作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まっしー

    2.0

    家族と見てはいけません。

    ヴァンダムが女性にがっつく場面が出てくるので、一緒に見る相手を選ばないととんでもなく気マズイ空気が流れることになります…。 凶悪犯長髪ヴァンダムの毛髪から作られた、レプリカの短髪ヴァンダム。 レプリカの役目は、刑事のジェイクと協力し、長髪ヴァンダムを捕まえること。 なのですが…他の方も書いていらっしゃる通り、内容は「う~ん…」です。 敢えて言うならば、白ブリーフでキョドるヴァンダムに目が釘付けでした(笑) いつもの筋肉!筋肉!!な彼も素敵ですが、おどおどしている彼もいいですねー。

  • kun********

    2.0

    違和感が有り過ぎ。

    クローン技術とサイコキラーをくっ付けて見たら面白いだろうって発想のアクション映画。 何が違和感の元かと言えば、サイコキラーより、クローン技術の方が遥かに インパクトが強いのに、サイコキラーをやっつける為にその技術を使う設定。 クローン技術は如何でも良く、そんな事無いだろうみたいな違和感だらけなのに、無理やり話を強引に作って行くから、ついて行けない世界に成ってる。 映画で大事なのは共感。 独りよがりの独走を見せてお客は喜ぶと思ってるのかな? アクションシーンは派手でお金も掛けてる。 バンダムの機械体操演技がそれなりに見られるけど、だから何?みたいな。 それ県体レベルじゃないの?みたいな。 バンダム映画はB級感たっぷり。 良い意味のBも有るけど、Aとの差をまじまじ感じさせる映画じゃ 俺はつまらないと思う。 まあ、この雰囲気が好きな人も居るから何とも言えないが、 映画の世界は自由だし、 シュール映画部門と評価するか、糞映画か? 大きく意見がわかれる。

  • ken********

    3.0

    二人いるから

    面白さも二倍!とはなりませんでした。悪オリジナルと善クローンの対決、これも本格的に戦うのは最後だけでこれがなんとも拍子抜けでした。ヴァンダムファンは善悪両方のヴァンダムが見れるから良いかも・・・。

  • gag********

    4.0

    ヴァン・ダム 一人二役

    悪役のヴァン・ダムが観れて新鮮でよかったです。 長髪の悪玉ヴァン・ダムと短髪の善玉ヴァン・ダムと外見にもわかりやすい違いを出しているのにも好感が持てました。 ヒールな演技と無垢な演技を巧みに演じ分けたヴァン・ダムの演技力も見所の一つ。 興味深い設定でなかなか楽しめました。

  • xi_********

    3.0

    リンゴ・ラムはさすがです

    ヴァン・ダム作品にしては、真面目に作られた印象の強い映画です。 監督のリンゴ・ラムは相変わらず良い仕事をしてます。ジョン・ウーと共に香港ノワールの黄金期を作り出した人ですが、一時期監督業への熱意を失ったとか言われてましたので心配していました。でも、この映画を観る限り杞憂だった様です(リンゴ・ラム未見の方には『友は風の彼方に』をお薦めします)。 設定(脚本)や予算の束縛もある中で、香港映画人の手練手管を生かした演出には頭が下がります。同じ条件でアメリカ人監督に撮らせると、もっとチープな平板のB級作品に堕していたでしょうね。厚みのあるアクションとスリラー感覚の見せ方は、やはり低予算慣れしてる人でないと無理(ツイ・ハークの『ダブルチーム』とかね)。映画が創意工夫の賜物であることを教えてくれる、なかなかの出来でした。 共演のマイケル・ルーカー(スタローンの『クリフハンガー』で友人ガイド役)の好演もあって、破天荒なストーリーながらいつもより一枚上の肉体感を与えています。 しかし、ヴァン・ダムのアクションは…スタント使い過ぎ。リンゴ・ラム苦心の煽りショットに苦笑いでした。

  • oce********

    3.0

    ヴァンダムVSヴァンダム

    肉体派は己が強いことをいいことに、自分に勝てるのは自分だけというくくりで1人2役の作品が必ずある。 シュワちゃんやジャッキーなどもあるが、ヴァンダムは確か「ダブル・インパクト」でやったはずだ。 敢えて作るのだから何か特色があるのかと思ったら、これがあまり代わり映えしない普通のアクションで(笑) タイトルどおりヴァンダムが一卵双生児という設定で、善と悪に別れて激突。 久々に悪役のヴァンダムは悪くない。 女子供を焼き殺し、気に食わない輩には後方回し蹴り。 そして善のほうは記憶がすっぽりで、食べることや触れること。そして股割りや開脚の訓練。なぜなんだ(笑) そしてもう一人刑事のジェイクとともに悪ヴァンダムを追い詰めていく。 ヴァンダム同士の対峙が思ったよりも少ないのと、善が目覚めるのが遅すぎるのが難。

  • fuji

    3.0

    構想はいいが

    悪人のクローンがオリジナルを追い詰める。 最後も面白い終わり方だけど、それまでの 進み方がいまいち。もっと面白く出来たはず。

  • yoi********

    1.0

    無茶苦茶なストーリー、最後までつまらない

    テレビで刑事にバカにされて暴れる連続殺人犯も、 犯人からの電話でバカにされて怒り狂う元刑事も、 どっちも単細胞のおバカさん。少しは頭を使おう。 連続殺人犯を捕まえるためだけに、 ものすごい設備と人員を投入して犯人の レプリカント(クローンとどう違うの?)つくりますか? 「役目が終われば処分する」って、 犯人捕まえるのにコストとリスクが大きすぎです。 それに、そんな貴重なプリカントを 退職した元刑事一人にあずけるなんて正気とは思えません。 不思議なのは、なぜレプリカントに犯人の記憶まであるのか。 あまりに無茶苦茶な設定で、呆れました…。 追いかけっこも単調で、あまり盛り上がらない。 ラストも、ぜんぜん納得できない。 はっきり言ってつまらない。見るモノはなし。 ========================= 基本的に評価はは下記の通り。(内容により±1あり) ★★★★★ ぜひ観て下さい。これはお勧め映画です。 ★★★★☆ まぁまぁお勧めできます。見て損はない。 ★★★☆☆ 時間つぶしに観てもいい。まぁ楽しめる。 ★★☆☆☆ 観る必要なし。とくに観るべき点はない。 ★☆☆☆☆ 観ない方がよい。観るのは時間の無駄だ。

  • gat********

    4.0

    レプリカント(クローン)

    連続殺人犯を逮捕するために犯人のクローンを創る発想が面白い。 純朴なクローンに扮するヴァンダムは可愛いらしくて好感がもてます。 連続殺人犯のヴァンダムは見かけの凶悪さが不足気味。(特にヘアスタイル) 物語はテキパキと運び、十分に楽しめます。 ラストでのジェイク刑事との心の交流は素晴らしいです。

  • ミッキー

    4.0

    ネタバレ善ヴァンダムVS悪ヴァンダム

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    2.0

    100万ドルで、もとは取れるのか?w

    クローンを使って殺人犯を追い詰める・・ ということですが、 何故かクローンと本体がテレパシー? みたいのでつながってみたり、 殺人鬼の記憶がクローンに残ってたり。 と、なかなか設定にハテナがでますが、 まぁヴァン・ダムのアクションが見れればいいかw クローン(劇中ではレプリカントと呼ばれてる)のほうは いつもの短髪ヴァン・ダムですが、 殺人鬼のほうはロン毛でイマイチ似合ってない^^; 100万ドルをかけて作ったレプリカントという割には 一緒に行動するジェイクは扱いが荒っぽいし、 頼みのテレパシーによる殺人鬼の行動の解読もスムーズじゃないw ついでに、産まれたばかりで普通の生活も 言語も幼稚ときたもんだ!w そんな中途半端な状態で野に放ってよいのだろうか・・w まぁ、ヴァン・ダムのアクション炸裂ならいいか。 いいのか?^^; まぁ、クローンじゃなくてコピーロボットは欲しいかなぁw

  • mas********

    4.0

    悪人ヴァン・ダムVS純真無垢ヴァン・ダム

    お友だちのつちのこさん、かっしーさんの強力な?プッシュを受けて、本日は初めてジャン=クロード=ヴァン・ダムの主演作をレビューさせていただきます。 お題目は「レプリカント」です。 ヴァン・ダム作品の最初のレビュー作ということで、最も気に入っている「サドン・デス」と本作、どちらにしようかと迷いましたが、現時点ではこっちの方が書きやすいので安易にこちらに決めてしまいましたw(ちなみに「サドン・デス」はお気レビ様のかっしーさんやコソボ司令官様が素晴らしいレビューをされたばかりなので、気が退けてしまってるのも理由の一つです・・汗) しかしヴァン・ダムってYahoo!映画ではイマイチ人気がないのですかね?私は結構彼のことも好きですが。まあスタローンやシュワちゃんほど華がなく、B級作品ばかり出ていますし、しかもみんな似た様な話ばかりだからわからないでもないですが・・・。 しかしヴァン・ダムって結構役者しているんですよ。ただ過激なマーシャルアーツや派手なアクションシーンをこなしてきただけではありません。私が見てきたヴァン・ダム映画の中で、最も彼の演技力を認識させられたのが本作です。 何と言ってもこの作品、ヴァンダム一人二役。まあ彼の一般的な出世作と知られている「ダブル・インパクト」でも二役を演じてはいましたが、本作はそれ以上の演技力が要求されます。何せ一方は冷酷な連続殺人犯、もう一方は純真無垢な何もわからない青年なのですから。 私がこの俳優は演技力がすごいなあと感じる一つの基準に、悪役を魅力たっぷりに演じられるかということがあります。アクション映画やサスペンス映画では、魅力溢れる悪役が絶対不可欠。悪役に魅力がなかったら、やはりその映画自体も魅力に乏しい作品になってしまいます。 その点、ヴァン・ダムとしては珍しい本作での悪役、十分合格点をあげることができます。冷酷にシングル・マザーを殺し続ける殺人鬼トーチ。彼がいかにしてこのような殺人鬼になり果ててしまったのかという背景まで含めて、今まで善人役ばかりのヴァン・ダムを見てきた方たちは、本作をご覧になれば、彼の確かな演技力に驚かれることでしょう。 それにもまして、やはりヴァン・ダムにはヒーローが似合います。その役がトーチの細胞から生まれたクローン、レプリカント1号というわけなんですが、これがまたいい演技を見せてくれています。「スピーシーズ」そっくりの繭の中から生まれたレプリカント。右も左もわからぬ世界で、少しずつ学びながら成長していく。ジェイク刑事の仕草を、意味もわからぬまま真似をして、中指を立てるところなんて大笑いしましたね。 レプリカントのシーンで特に印象に残っているのが、トーチのパソコンの自爆装置のことがわかってジェイクらを助けようとする場面と、娼婦街でのチンピラが娼婦を殴り付けたことに腹を立ててボコボコにするシーン。この二つの場面でのヴァン・ダムの内なる感情の描写、とても優れていると思われませんか? そしてクライマックスのレプリカントが取った行動、なかなかジーンと来ましたね。 (最もこの後の本当のラストシーンは、私的にはちょっと微妙でしたが・・・) ストーリー自体も他の彼の作品と比べ、かなり練りこまれています。細胞が覚えている記憶を頼りにトーチを追い詰めようとする、よくよく考えればもろSFな話ですが、先述の自爆装置の顛末や、彼が雨に対して持つ感情など、なるほどっと思わされる場面も少なくありません。トーチ逮捕に執念を燃やすジェイク刑事との徐々に通じていく心情なども見事な脚本と言えるでしょう。 もちろんアクションシーンも抜かりはありません。派手な爆発、激烈なカーアクション、そしてヴァン・ダム対ヴァン・ダムの格闘シーンも素晴らしい出来です。 ヴァン・ダムってただのアクションスターだと思われている方、ぜひ本作をご覧になってみてください。彼の意外な一面が見られるかも知れませんよ^^

  • RUKA

    3.0

    ヴァン・ダムを殺せるのはヴァン・ダムだけ

    共同原案・共同製作と意欲を見せたのに、 米国ではビデオ・DVD発売のみ、 という可哀想な扱いを受けた「レジョネア戦場の狼たち」。 いつもの派手なアクションはなかったけど、 ヴァン・ダムのシリアス演技に少しウルウルとしてしまい、 これからはもしかして演技派俳優を目指そうとしているのかも、 と思ってたら、 この映画でも何と彼は、悪役人間と善玉レプリカントという、 難しい二役をこなしているではありませんか。 特に、レプリカントヴァン・ダムの汚れをしらない純真無垢な表情や仕種。 40歳を過ぎた顔と身体を持つ大の男があどけなく演じるギャップは、 最初は手荒く接していたジェイク扮するマイケル・ルーカーが、 だんだん友情なのか親愛なのか、 妙な感情を抱き始めていくのがすごくよくわかるほど、 レプリカントヴァン・ダムペットのように可愛いかったです(笑)。 テロ対策に開発されたレプリカントは、 生まれたての赤ん坊と同じらしく、 立ったり座ったりから始めていたのが、 ほんの短時間で、 オリンピックの体操選手並の運動能力を持ってしまい、 おまけに、素直なものだから競技終了のキメポーズもしっかりインプット。 敵と戦いながらもキメのポーズはしっかり忘れない律儀さや、 悪役レプリカントの変な髪形など、 妙に細かい所に神経を行き届かせている割には、 ストーリーは大味、というこのギャップもこの映画の持つ魅力かも。 ラストも、驚きのどんでん返しが用意されていて、 アラ~、ジェイク共々心配したわたしの気持ちはどうしてくれるの~ と唖然としながらも笑ってしまう、そんな楽しい映画でした。

  • myo********

    4.0

    ネタバレレプリカントに好感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yos********

    3.0

    一人二役

    悪役と頼りない男の二役を演じたジャン・クローロ・バン・ダムに新たな魅力を感じた。

  • sho********

    4.0

    初めてじゃないかな?

    ジャン=クロード・ヴァン・タムが悪役を演じているのを初めて観た。一人二役で片方は悪役ではなかったが、いつも観るようなわけ分らない戦争映画で銃をバンバン撃ちまくってる映画よりはこちらの方が楽しかったのとジャン=クロード・ヴァン・タムもクローン人間の方では少しコミカルな所もあり以外だった。 相変わらず、笑顔はほとんどなかったけれど(笑)

  • toy********

    3.0

    ★レプリカント★

    ジャン・クロード・バン・ダムとマイケル・ルーカーのコンビの良さが伝わってくる作品だった! ストーリーは、ほくろのあるシングルマザーばかりをターゲットにし、手口はいつも同じ殺人を繰り返し、犯行現場に火を放つ凶悪な連続殺人犯ギャレットを追い続ける刑事ジェイク(マイケル・ルーカー)。犠牲者は増える一方、犯人の足取りは依然掴めぬまま。捜査に行き詰まり絶望し、疲れ果てた刑事ジェイクは、辞職を決意する。 そんな彼にNSA(国家安全保障局)のエージェントがやって来て、彼に最高機密計画への犯人追跡の協力を要請する。研究所に案内されたジェイクはそこで、犯人の毛髪から再生したという“レプリカント”(ジャン・クロード・バン・ダム)を見せられる。その目的は、テロリスト対策用に造られた物だが、その犯人と瓜二つの“レプリカ”は、彼の記憶と特殊なテレパシー能力を有する、この“レプリカント”を使って、連続殺人犯ギャレットを逮捕するのがNSAの狙いだったのだ。。 “レプリカント”は、生まれたての子供と同じで、身体は大人なのに純真無垢な行動に、ちょっと笑える所があったりして、段々と学習させていく過程が面白かった!! 体操の映像を見せられて技を習得したのはいいけれど、最後にとるポーズまでしっかり身についてしまい、どんな格闘シーンでも、最後には決めのポーズを無意識にとってしまう姿には笑えた。(笑) “レプリカ”のため、連続殺人犯ギャレットの兄弟の悪役になってしまうのかと思ったら、正義に代わったり、その変身振りは上手かった。(^^♪、 “レプリカ”を使って、連続殺人犯ギャレットを追い詰めるという事ですが、なかなか 刑事ジェイクとは、上手く行かない。手錠を掛けて行動する等、彼も苦労するなぁ~と思いながら観た。何故か?連続殺人犯ギャレットと“レプリカ”と本体で結びついているのかテレパシーに誘われる彼? “レプリカ”のため、時々連続殺人犯ギャレットの記憶が、蘇ったりする。(@^^)/~~~ と、なかなか刑事ジェイクの思い通りに行動してくれない。しかし連続殺人犯ギャレットの行方は、しっかりと把握しているところは、“レプリカ”らしい。(^.^) ラストでの、連続殺人犯ギャレットが、母親の元へ行き「俺が殺したのは、母のためだ!」幼少期の母親からの虐待が、彼に蘇る。そして母親は、心臓発作で亡くなる。そこへ刑事ジェイクと“レプリカ”が現われ、連続殺人犯ギャレットとの壮絶なアクションが展開する。刑事ジェイクを殺すよう“レプリカ”に促す連続殺人犯ギャレットしかし彼は拒否する。^_^; クライマックスは、カーアクション~連続殺人犯ギャレットの車を追う、刑事ジェイク。 車での息詰まる死闘、車は大破するが、連続殺人犯ギャレットがいない?? バトルアクションの末、ついに刑事ジェイクが、連続殺人犯ギャレットを撃ち殺す、、、 まぁジャン・クロード・バン・ダムのアクションの好きな人は、面白いかも!? 一緒に行動する刑事ジェイクは、“レプリカ”に対し扱いが荒っぽい。(^_-)-☆ 頼みのテレパシーによる殺人鬼の行動の解読もスムーズに行かない。(-_-;) ついでに、産まれたばかりで普通の生活も、言語も幼稚ときたもんだ!w そんな中途半端な状態で“野に放って”よいのだろうか・・と思いつつ…… ジャン・クロード・ヴァン・ダムのアクション炸裂ならいいか???

1 ページ/2 ページ中