レビュー一覧に戻る
愛しのローズマリー

ken********

4.0

面白かった

レンタル屋でふと目にして、今まで見ていなかったと思い観賞。まずまず面白い作品ではないだろうか。  確かに主人公が突如有能なビジネスマンであったと言う設定が出てきたり(その根拠は示されない)、お相手の彼女が社長令嬢だったり、後半主人公が突如モテたり、と都合の良い展開が多いと思う。  また物語自体あり得ない設定で、ラストも大体予想できてしまう予定調和の作品だが、そもそも厳密な構成を求める作品でもないし、作品が提示する世界観に浸って幸せな気分になれれば良いと思う。  何より、本作には基本的に厭な人物が出てこない事が、見終わった後にホンワカとした気分にさせてくる要因ではないか思う。  但し如何にハッピーエンドではあっても、ポリティカルコレクトネス全盛の現代では、こんな作品はもう絶対に作れないだろうなと思う。逆に、製作されたのが今から20年前とは言え、よく問題にならなかったな、とさえ思う。多分、容姿を徹底的にやり込める内容では無いし、容姿も人間性も共に悪い登場人物を出さなかったからなんだろう。  後、超個人的な意見としては、ヒロインのグウィネス・パルトローが美しく且つ可愛らしく、うれしそうな表情を見ているだけで、こちらも幸せな気分になった。

閲覧数741