やかまし村の春・夏・秋・冬

MORE ABOUT THE CILDREN OF BULLERBY VILLAGE/MERA OM OSS BARN I BULLERBYN/MORE ABOUT THE CHILDREN OF NOISY VILLAGE

86
やかまし村の春・夏・秋・冬
4.1

/ 35

40%
43%
9%
3%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(10件)

楽しい31.0%かわいい27.6%笑える17.2%コミカル13.8%不思議3.4%

  • oce********

    4.0

    変わらない良さ

    前作から1年たっての続編ということで、季節が変わり秋から冬にかけての6人の子供たちのその後が描かれる。 続編になっても何かしら変わりがない日常。 だからこそ子供たちのほんのわずかな成長が見える。 この続編も劇的なことは一切起こらない。 1作目よりも現実離れしたような感覚を受けるが、変わらないのは子供たちの笑顔。 映像的にも四季が変わるからか、より美しい光景が見えた。

  • bbk********

    4.0

    赤ちゃんと動物には、かなわない。

    で、「やかまし村の春・夏・秋・冬」。続編です。 続編では、オリジナルには到底かなわない作品が多々あるので、あまり期待して いませんでした。製作年月日は前作と同じ1986年。 最初から続編を作るつもりたったんだなぁ。キャストはみんな同じ。 でもかわいかったなぁ~。 監督はラッセ・ハルストレム。なんだかこれ観て、職業間違えたような気がします。 子どもがかわいいよ~。ヤギがかわいいよ~。 保父さんの資格を取ればよかったよ。じいさん相手より、子どもを相手にしたほうが よっぽど楽しいだろうなぁ。まぁそれなりに苦労はあるんだろうけど。 クリスマスで、みんなでお手手つないで踊っている場面なんて、一人暮らししている おれにとって、羨ましくてしょうがなかったよ。 家族の絆を感じます。やさしい音楽。アコーデオンがひっきりなしに鳴り響く ステキな音楽がステキです。サントラが欲しいです。 この作品もストーリーらしきものはなにもなくて、ひたすら子どもたちが学校に行き、 自然の厳しさに触れ合い、楽しいいたずらの日々を過ごすだけのものです。 前作は夏休みを描いていたので、この作品は正確には秋・冬・春を描いているのです。 VFXなんて、全然使っていません。お金なんて、ほとんど使っていません。 でも、子どものかわいさと動物のかわいさだけで満足です。 推定年齢3歳のシャスティンのかわいさったらないぜ!演技なんてほとんどしてないよ あの子。 おれもスウェーデンに住みたいです。 「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」の原型がここにあります。 子ども好きなら、おすすめです。なんか原作者のアストリッド・リンドグレーンの 他の映画も観たくなってきます。 「長くつしたのピッピ」も観たくなってきます。 都会の暮らしに疲れたら、この作品を観てリフレッシュできること請け合いです。

  • old********

    4.0

    平和で優しさに満ちた作品

    「やかまし村の子どもたち」がとても良かったので、続編であるこの作品も久しぶりに観てみました。 「やかまし村の子どもたち」は、ひと夏の物語ですが、この作品は夏が終わるところから始まり、翌年の春まで、村の四季を描いています。 出演している子供たちも、勿論前作と同じ顔ぶれです。 美しい村の四季を楽しみにしていたのですが、秋のシーンはほんの少ししかなく、すぐに冬のシーンになってしまったのは、若干残念でした。 冬の雪景色は、白一色になってしまうという意味で、今ひとつ面白味に欠けてしまうのです。 そして、クリスマス、日本で言う大晦日等のシーンがありますが、室内なので、美しい自然を堪能したかった私には、少し物足りなく思えてしまいました。 とは言え、「ロッタちゃんはじめてのおつかい」のように、スウェーデンのクリスマスを始めとする色々な行事が見られる事によって、その文化を知る事もできます。 そして、冬の間室内のシーンが多い分、春になった時の映像は、一段と美しく感じられるのです。 リサとアンナが二人で小川に行き、空想ごっこをするシーン、子供たちが子羊を学校に連れて行くシーンなどが、とても微笑ましく印象に残りました。 ひたすら、ほのぼのとした世界は、この作品でも健在です。 子供たちも、少しだけ大きくなって、成長も感じられます。 前作、本作ともに平和で優しさに満ち溢れ、ハルストレム監督の故郷を大切に思う気持ちが伝わってきます。 森や湖の美しさという点では、若干前作には及ばないかもしれませんが、この映画もまた、とても素敵な作品だということは間違いないと思いました☆

  • jul********

    5.0

    やかまし村の四季

    やかまし村の子供たちの続編。 前編では 夏休みでしたので みな裸足でしたが 秋から始まる本編は さすがにコートと靴を着用。 そのファッションもなかなか素敵です。 寒い季節なので インテリアも楽しめます。 自然についても秋から春も美しい「やかまし村」 すわ大事件?と思われる個所もありながら 何事もなく過ぎ ほっとします。 心なしか 子どもたちが 若干大きくなったような? ジャスティン(人間の幼子) ポントス(子羊) 超可愛いです。 日常が積み重なって みんな成長していくんですね~

  • yut********

    3.0

    幸せの理想型

    楽しく遊ぶ子供たちの姿、それだけで映画になってる。本質をしっかりと捉えれば、よけいな演出はいらないだよね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
やかまし村の春・夏・秋・冬

原題
MORE ABOUT THE CILDREN OF BULLERBY VILLAGE/MERA OM OSS BARN I BULLERBYN/MORE ABOUT THE CHILDREN OF NOISY VILLAGE

上映時間

製作国
スウェーデン

製作年度

公開日
-