ユニコーン 奇跡の航海

VOYAGE OF THE UNICORN

120
ユニコーン 奇跡の航海
3.3

/ 3

0%
67%
0%
33%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

ファンタジー66.7%スペクタクル33.3%

  • mkm********

    4.0

    昔見た時の感想

    小学校の時に見たけど普通におもしろかった ハリーポッターのようなファンタジーが好きで 不思議な生物が出てくるのがワクワクした記憶がある 細かい事は覚えてないけど 子供向きの映画だと思う

  • wrs********

    2.0

    『信じる心で見定めよ』

    ある日突然「キャシー」の前に人間ではない「エルフ」と「ドワーフ」がやってきて、「キャシー」は異世界に来るよう誘いを受ける。 迎えの船に覚えがある「キャシー」は意気揚々乗り込むが、姉「ミランダ」と「パパ」も一緒に同乗し異世界へと不思議な旅に出ることになる・・・ しかもこれ収録時間が‘173分’と長く、真ん中で一度エンドロールが流れるという仕様です。 どうやら前編・後編という構成で 前編は、「メドゥーサ」によって石にされてしまった「ドワーフ」を元に戻すために「ユニコーンの涙(石になった生き物を元に戻す効果がある)」を探すというお話。 後編は、現実世界に返るために必要な「ドラゴンの頭骨」を入手するべく悪者と戦うというお話。 もうDVDのパッケージ見た時から薄々は感じてましたけど・・・ そうだね♪ ‘低予算’だね(*´∀`)bグッ♪ 映像はTVドラマのようで安い雰囲気だが、異世界の住人の造形はそんなに酷くない・・・と思う。 登場キャラクターも個性的 マッチョで力持ちな「ミノタウロス」 空飛ぶ「スピンクス」 グラサンかけた「メドゥーサ」 など物語が進むにつれ仲間になっていくんですが、RPGゲームのパーティとしてもなっかなか強いと思いますね~ しかし一番問題だったのが『敵(トロール)』! 造形もきったないし、弱過ぎ! いや! 貧弱! さらに、馬鹿っぽいキャラしてますが描写が中途半端! 少女「キャシー」という主人公に合わせているからか、全体的にはやはり子供向きな演出が目立ってますね。 o(`・д・´)ノ<もっと威厳のあるパワフルなボスキャラはいないのかよぉぉぉ!? 悲しいかな「ブタ野郎」ばっかりでしたorz o(`>д<´)ノ<こ、この・・・ブ・タ・野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!! 観てるとどうしても主人公一向のパーティが強いために、敵とのバトルにしても危機感が伝わってこない。 安心して観れると言えばそれまでだけどさ 船同士のバトルで砲撃戦になっても敵一向は顔がブタみたいな感じの奴らばっかりなので、ど~うもアンバランスに見えて仕方がない。 例えば「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作にしても敵がああいう造形ならいかにも 「ヤバそう」「強そう」「負けるかもしれない」 なんて思うかもしれないが、あれが全員‘ブタ’みたいな顔してたらまずそんな気にはならない。 いや、なれない。 そんな安さなんかも体感できるような作品であります。 またね~これ 「エルフ」と「ドワーフ」がどう見ても派手な衣装着た普通のおっさんなんです。 そんなん・・・ちょっと耳尖がってるだけやん! ほんま好きやな~外国って な~んか言うたら「エルフ」とか「ドワーフ」って(笑) でもそんなところをいちいち突っ込んじゃダメなんですよね~これは、もっともっと目線を下げないとε=(。・`ω´・。)フン! 物語も後半は盛り上がりますが‘輝き’はほんの一瞬といった印象で、オチも定番でした。 ラストカットの‘「ミノタウロス」の写真’だけは、なぜかツボに入ってしまいましたよ(笑) いつ撮ったんや、と(笑) それを観た瞬間「ミノタウロス」のことがちょっとだけ好きになりましたよ♪ 直後、即エンドロールでしたけどね(;*´ω`)ゞ あと劇中で印象に残った言葉が  『見えない力は存在する』 ありきたりだけど良い言葉やな~って思いますね~ ファンタジー映画の永遠のテーマですよねこれは♪ いや! もう「日活株式会社」の‘社訓’にしてもええんちゃうかなぁ~って思いますよこれ☆d(。・`ω・)キュピーン。・:*:・゚☆

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ユニコーン 奇跡の航海

原題
VOYAGE OF THE UNICORN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-