ALI アリ

ALI

157
ALI アリ
3.0

/ 166

11%
18%
45%
18%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(32件)


  • ech********

    4.0

    長嶋茂雄物語

    ベーブルースと並ぶアメリカスポーツ史における不世出のアイコンです。特に有名なエピソードを並べたものですので、映画作品としてどうこうというより、アメリカ人が彼を偲んで称えるための映画でしょう。 なので映画評するのはヤボですが、無理して評価するなら、ハイライトの試合シーンのカメラワークが素晴らしいです。さすがTVドラマで鍛えたマン君です。スミス君のボクサーぶりも堂に入ってますね。 アメリカ人にはあまりにも有名な話が続くのでいちいち説明してくれませんし、アリを知らない人には退屈でしょうが、それでも観るなら前提知識として、マルコムX、ドン・キング、フレイザー、フォアマン、キンサシャの奇跡、ロープ・ア・ドープは予習しといた方がいいです。最初の方に出てくるマルコムXにしても紹介なしでいきなり登場してあっという間に暗殺されます。

  • ivo********

    3.0

    ネタバレボンバイエ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    2.0

    △下手な作り方、のひと言。監督ダメだ!

    普通の偉人傑人を10人ほども集めた存在のモハメッド・アリ。扱うべき素材、事件、エピソードは山ほどある。 なのに、この映画はつまらん場面に無駄に時間を費やして、結果ダーラダラの映画になってる。 監督の責任問題と言わざるを得ない。 モハメッド・アリが可愛そうだ。 草葉の陰で泣いてるよ、まったく。

  • man********

    3.0

    よかったです。

    ウィルスミスがとかいう批判も多いようですが、アリの予備知識なしで見て、わかりすく楽しめました。時代背景や様々な裏事情も丁寧に描写されてると思います。ボクシングのシーンなどにリアルさは期待できませんが、全て込み込みで星3はあると思いました。

  • rec********

    2.0

    アリは強いが映画は弱い

    マイケル・マンという人はインテリだと思う。過去に『ヒート』『コラテラル』『インサイダー』を観てそう感じた。その教養も叡智も残念ながら作品の力にはなり得ていないように思う。本来ならこんな話は「本当」の方がいいはず。だから伝記映画は売り込みも楽だが駄作も多い。「映画」にするのなら史実を曲げるという意味でなくどれだけ「映画的ウソ」がつけるかが作家としての才能だと思う。プライド高きエリート演出家マイケル・マンにはおそらくそんな勇気はあるまい。テイラー・ハックフォードの「レイ」同様に人騒がせなだけの伝記映画に我々は一片の興味も持てないのである。

  • nek********

    3.0

    ウィルスミス主演にしては

    彼の映画はことごとく期待ハズレだ。 しかしこの作品はまあまあ見れた。 感動もなく、緊張感もないが、モハメド アリという人を知ることができた。 ただそれだけだが。

  • bpp********

    2.0

    ドキュメンタリーの方を見よう

    ウィル・スミスじゃあ駄目だ。

  • megamani

    2.0

    ネタバレThe Best of Ali

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gag********

    2.0

    長いなあ…

    ボクシングそんなに詳しくはないけどアリの事くらいは多少は知っている。 でもボクシングにそんな興味ないからやっぱりストーリー退屈だったなあ。 「ロッキー」シリーズみたいにストーリーも面白ければね。 156分とやたら長いし… ウィル・スミスもこないだ観た「フォーカス」で結構いい身体(筋肉)していたから、アリ役を演じた時は更にもっと凄いのかなと思ったけど、思っていたほどムキムキでもなかったな~。 マルコムXをデンゼル・ワシントンが演じていたらまた(こっちでも演じてる!と興味湧いて)違っていたかも(笑)

  • koj********

    3.0

    モハメド・アリの伝記映画として

    「モハメド・アリ」という名は勿論知っていたのだが、伝説的なボクサーということ以外、どんな人物なのか、いつの時代に活躍したのか、全く知らなかった。私がボクシングというスポーツに対して関心も知識もなく、それどころか「怖い」と敬遠さえしていたことがその原因の大部分を占めているのだろう。 この映画は、アリがどんな人物で、どんな時代背景の中で、どんなことをしてきたのか、という前半生をドキュメンタリータッチで追うことができる作品だ。アリ役はウィル・スミス。私的に『メン・イン・ブラック』の陽気なエージェントJ役のイメージが強いのだが、今回は実在の人物を”そっくりに”演じており、「アカデミー好みの演技だなあ」といった印象。予想に違わず、その年のオスカー主演男優賞にノミネートされていた。 私が「この作品を観たい!」と思ったきっかけは、キング牧師を扱った『グローリー』を最近観たことである。この時代、アメリカに蔓延していた複雑な空気感を私はほとんど知らなかった。ベトナム戦争、黒人差別の撤廃…アメリカの暗部が抉り出された、暗く不穏なエネルギーが充満していた時代だ。 『グローリー』ではそういった背景は「もう知ってるよね~」という感じで軽く流されていて、知らない者からすると多少説明不足感が拭えなかった。それを補うため、同時代の黒人を扱った映画が観たくなったのだ。 『グローリー』でちょこっと出てきたマルコムXが、こちらでは準主役級の扱い。それもそのはず、マルコムXとアリは同じ宗教団体「ネイション・オブ・イスラム」の同志! 一流スポーツ選手が、政府からも目を付けられている一種のカルト教団(?)に入信していた、という事実には驚いた。 それにも増して、アリがアメリカ政府の理不尽な圧力にさらされていたことは驚愕の事実だった。ベトナム戦争勃発時、アメリカ国中が戦争賛成ムードだったのは『7月4日に生まれて』で知っている。そんな中で「どこにあるかも知らない国の貧者を殺すのはおかしい」、「ベトコンに恨みはない」と徴兵拒否するのは、相当強い信念や意志の持ち主でないと出来なかったことだろう。数年後、世論が反戦ムードに転じるのも今の時代の立場から見ると分かっているが、その時代の真っただ中にいたアリには、とても長い、地獄のような数年間だったはずだ。 それでもアリは、そんな不当な扱いにもめげず、純粋に「ボクシングチャンピオンに返り咲く」ことだけを追求していた。 実際にあった有名な試合が複数再現されているが、全く知らない私からすると「へえ、すごい試合があったんだな!」とか、「ええ!? なんで反撃しないんだ? 負けちゃうじゃん!」という反応だった。実際の試合を知っている人からすれば、あそこは血沸き肉踊るアドレナリンマックスなシーンだったのだろうな。 アリのボクシングスタイルは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」らしいが、それを意識したのだろう、彼の”蝶が舞うような”軽快なフットワークを映すため、試合中は足元のショットがとても多い。そして”蜂の一刺し”である強烈なパンチも、相手目線になったカメラで迫力満点に捉えられている。 撮影監督は今を時めくエマニュエル・ルベツキ。アカデミー賞の常連である巨匠の手腕は若い頃から健在だった。 今で言うところの”ラップ”で対戦相手をこき下ろすスタイルだったらしいアリを、グラミー賞受賞経験のあるラッパーだったウィル・スミスが演じていたり、アリのトレーナー(?)バンディーニを、ミュージシャンでもあるジェイミー・フォックスが演じているなど意図的なキャスティングも惹かれるものがある。 ただ、特に心に残らずスーっと流れていってしまった印象なのは、私がボクシングに興味がないからか、マイケル・マン監督作との相性が悪いのか?  伝記映画の趣なので、時代背景のお勉強には良いのだが、ストーリーの展開が散漫になりがちで、娯楽映画としては厳しいかな、と思ったり(時間も長いし)。 ジョン・ヴォイドは良い役だったけど、メイクも喋り方も髪型も変わりすぎてて誰だか分からなかったよ!

  • gam********

    4.0

    ネタバレウィル凄い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tit********

    4.0

    ボンバイエ!アリとアントン

    「力道山」「風のファイター(大山倍達)」に続き 格闘家伝記映画シリーズレビュー第三弾をお送りします。 今回の偉大なる格闘家は元ボクシングヘビー級世界王者 三度世界王者になった男、史上最高のボクサー、 「蝶の様に舞い、蜂の様に刺す」モハメド・アリです。 モハメド・アリの伝記映画「ALI アリ」のレビューです。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ モハメド・アリ 本名:カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア 1960年、ローマ・オリンピック金メダリスト 1964年、ソニー・リストンを倒し       世界ヘビー級王者になる。9度防衛。 1967年:徴兵拒否の為、タイトル剥奪。       ボクサーライセンス剥奪。3年間のブランク。 1974年:ジョージ・フォアマンを倒し       二度目の世界ヘビー級王者になる。       この試合はキンシャサの奇跡と呼ばれる。10度防衛。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 本作「ALI アリ」は モハメド・アリの1964年から1974年までを描いています アリを演じるのは現在最も輝く黒人俳優ウィル・スミスで 彼はこの役でアカデミー賞、主演男優賞にノミネートされました。 ボクシングの映画ですが「ロッキー」の様な作品ではなく 黒人解放運動や反ベトナム戦争などアメリカの闇と戦った男の 知られざる姿や苦悩を描いた社会派映画であります。 ウィル・スミスの演技力とスタイリッシュな演出が魅力で アリを知っている者なら引き込まれる作品ですが・・・ アリの人生で大事なその後が描かれていないのが残念です。 ですからここではその描かれていないその後を語ります。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 1975年:  無名のボクサー、チャック・ウェップナーと         防衛戦を行い勝利、防衛成功。 ここ大事!→アリに敗れはした物の善戦したウェップナー。         この試合を見たシルヴェスター・スタローンが         無名のボクサーが王者に善戦する映画を考え         出来たのがボクシング映画の金字塔「ロッキー」。 1976年:  ◎ここからが一番大事!!↓         日本のプロレスラー燃える闘魂アントニオ猪木と         日本武道館で格闘技世界一決定戦を行う。         両者得意の技が全く出ないまま時間切れ引き分け。         世界中が怒り「世紀の大凡戦」と非難されたが         その理由はアリ側にあり実は何でもアリだ!!と         言っていながらもエキジビションマッチ位に考え         来日してから猪木の本気を知り猪木の強さを知り         ルール変更を求め(恐らくアリの取り巻きの考え)         これが呑めないならキャンセルして帰ると脅す・・         アリとの対戦を実現させる為に莫大な借金をした         猪木と新日本プロレスとしては呑まざるを得ず         殆どのプロレス技が使用出来ないルールで試合に挑む         そこで猪木が考えたのはな寝そべったまま         アリにローキックをする戦術だった。         何度も何度もキックを見舞うが流石に寝てる猪木と         立っているアリでは決着が着くわけもなかった・・・         *このローキックは後にアリ・キックと呼ばれる。          ここ大事!→試合後アリは度重なる猪木のキックのせいで         血栓症になり入院した!!         茶版ではない!真剣勝負だったのである!!         ここ大事!→二人はその後親友になりアリのテーマである         「アリ・ボンバイエ」が猪木に贈られ         「炎のファイター 猪木ボンバイエ」となった。 1978年:  レオン・スピンクスに破れ、タイトルを失う。         しかし同じ年に再戦し勝利し三度目の王者に返り咲く。 1981年:  トレバー・バービックに敗れ引退・・・。 1996年:  アトランタオリンピックの開会式で聖火台に点火。 1998年:   ここ大事!→東京ドームで行われた「アントニオ猪木引退試合」の       試合前に登場アトランタ五輪の時の様に聖火台に点火。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ ちなみに猪木は チャック・ウェップナー、レオン・スピンクスとも 異種格闘技戦を行い勝利しています。 これにて映画「ANTON アントン」のレビューを終わります ・・・何か違う??(笑)       

  • con********

    5.0

    アリが生きた時代のアメリカ

    この作品は、モハメド・アリというボクサーを単に描いたものではなく、モハメド・アリという人間そのもの、そして彼が生きた時代のアメリカを描いたものだと思います。 黒人差別が根強かった時代の背景を学んだあとに見ると、この作品の奥深さをより強く感じることができるでしょう。 ウィル・スミスが、迫力の演技を見せてくれました。日本人俳優では、この手のボクシング映画を撮ることは不可能でしょうね。

  • myk********

    2.0

    アリ(ALI)使用水はミネラルウォーター

     モハメド・アリ扮するウィル・スミスが雨に打たれるシーンで使っている水は  全部ミネラルウォーター  これはウィル・スミスが「俺に水道水を掛けるのか?」と言ったからだそうです  すっごい自信と勇気。。。  アンパンマンから愛を学んで欲しいですな。。。  アフリカには綺麗な水も飲めない子達が居るのに

  • トト太郎

    3.0

    ALI アリ

     モハメド・アリの予備知識が殆どなかったので物語の前半部分が理解できなかった。アリを崇拝している人が見たなら相当面白いんだろうなとは思うのだが、そうでない人にも分かるように作れたのではとも思う。  そういったわけで、ストーリーに関して正確な記述は避けるけれども、撮影は工夫されていたと思う。特に試合のシーンでは、撮影駒数に変化をつけることで動きのスピード感を、また残像を残すことでパンチの重量感を演出している。撮影現場をイメージすれば、役者は素人なわけだし、難しいものであったろうと思うが、結果として素晴らしい映像が得られていると思う。

  • shp********

    1.0

    見た。

    ドキュメンタリー映画。 アリの時代を知らないこともあるが、おもしろくなかった。

  • inu********

    2.0

    率直に言うと

    馬太作かな... すまんが... 観に行ったことを後悔しました。

  • 水色

    2.0

    アリを知らない

    フグとかアリとか、 格闘技選手の名前って動物絡んだりしてますね。 関係ないですね。 僕はそもそもボクシングの事をよく知らないし、 モハメド・アリって人の事もほとんど知りません。 せいぜい、 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」ボクサーってことを知ってるくらい。 そもそも日本でそんなに知名度がある人なんですかね。 ウィル・スミスが出ているからってだけの理由で観ましたが。 流れやら意味やらよく分からないところが沢山ありました。 長く感じました。2日に分けて観ました。 でもウィルスミスは好きです。 DVDの特典映像で、アリの実際の試合と、劇中の試合のシーンを見比べるっていうのがあったんですが、 そこまで忠実に再現しようという心意気は評価します。 本編観て、 もういいや って思ったんで観てませんが。 さぞかし大変だったでしょう、ウィルスミス。

  • kao********

    3.0

    思った以上に忠実に映画化されてた

    猪木とアリの幻の試合を先に観てたので、 自身も人種差別を受け、見た目の苦しみ を知ってるのに猪木に対して 「ペリカン野郎」だのと失礼な言葉を吐く。 ギャラやルールがほとんどアリに有利な運びに なっていた。 それを沈黙し続けた猪木こそが格闘家の カリスマに値するなら分かるけれど、 そんなアリはオリンピックの聖火を担当するほど 何故世界中にカリスマ扱いされてるのか、 そして私の一番好きであるジョンヴォイトが出演 しているという理由で借りました。 酷評する方もおられますが、人種差別や歴史的なこと、 登場人物やセリフなど、思ったより忠実に 映画化されてるんですね。 なるほど、これだけ歴史に関わった人なのかと 強い人だったのかと、8割程度納得しました。 最初は誰が誰やら、何が何やら全く話に乗れません でしたが、中盤からふ~ん・なるほどと。 宗教や人種差別、女性関係などが入ってくるため ややこしく、削れる部分が大いにあるのでは? と思いつつ最後まで観てました。消化不良な感じ。 ウィルスミスのボクシングスタイルは女性の私 にはわかりませんが、上手に観える撮り方を してるのでしょうか。違和感ありませんでした。 私の大好きなジョンヴォイト様は一体何の役 だったんだ?どこで登場した?ちょい役では まさか出さないだろう!?と思っていたら、 エンドロールで、あの実況のヅラの方だった!! 全然顔が違っていたのでそれが一番の 見どころでした。。

  • fwr********

    4.0

    複雑ですね。

    この映画、単なるボクシング映画ではなく、「モハメド・アリ」がどんな人物であったのか?人間性含め、巧みに表現してますね。そのときの時代背景と、「ヘビーキューチャンピオン」というだれもが羨むポジションにいながら、その置かれている背景に真っ向から立ち向かう「アリ」の姿に共感を覚えましたね。 実際の「アリ」がどんな人だったのか?まったく情報無くこの映画を見ましたが、マルコムX等含め、この当時の時代背景を多角的に見つめなおして見たくなりましたね。 今おかれている自分たちの環境は、なんと恵まれていることか。。。そんな環境を最近の日本人は忘れてないか?悲観せずに前を向いて歩こう!

1 ページ/2 ページ中