ここから本文です

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 (2002)

監督
原恵一
  • みたいムービー 143
  • みたログ 2,536

4.53 / 評価:1,100件

泣かせたいわけじゃない。

  • mag***** さん
  • 2016年3月5日 12時26分
  • 閲覧数 2923
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本来は死ぬべき運命にあった武将を救い、現世に戻れなくなった野原一家。
最後撃たれ戻れることになる。
これは、「相手を許す」ことでは終息できないという、闇の深さを表している。
こどもの純粋な気持ちや情けではどうにも出来ない、許したとしても死んだものは帰ってこず、憎しみの連鎖は打ち消せないのだという。
死んでお涙頂戴ではなく、純粋な気持ちだけでは救えないことがあるという深い意味が込められている。
それに、最後発砲したのは味方である可能性も拭えない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ