ここから本文です

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 (2002)

監督
原恵一
  • みたいムービー 146
  • みたログ 2,594

4.53 / 評価:1148件

もう何回目か忘れましたが

  • satoruutakeii さん
  • 2016年8月10日 23時37分
  • 閲覧数 2301
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

幼少のころから10~20回以上は確実に観ているはずです。
家族で見ました。私(アラフィフ)、長男(高3)、長女と従妹(小4)というメンツです。
最初の内はいつものかすかべメンバーのいつも通りのハチャメチャさにケタケタ笑い、戦が決まったあたりからは誰も一言も発せず画面に見入り、衝撃のラストでは、、、皆が皆すすり泣くように泣いている。特にオーラスでは。
小→高に成長した長男がもっともグッと来たようです。また号泣してしまった。

そうこれはまさに、そういった人の成長と共に、違う風景が見えてくるようになってくる重層的かつ号泣必須な作品なのです。

そしてオーラスのシーンは全世代共通の人間の根源的な情動を揺さぶる映画です。
「これは”クレしん”でやる必要があったのか?」とおっしゃる方もまあおいでですが、これは「ぞーさん」とか「ケツだけ星人」とかスカタンなことばかりし
ている、
そう、あのしんのすけだからこそあんなセリフもこんな行動も説得力を持ててくるのです。

私は日本のアニメの最高峰同率にこの作品を選びます。抜かれることはおそらくないでしょう。並んでくる作品を観たいものです。

監督人よ「ジブリ」を目指すな!この監督のクレしん作品群をこそ目指せ!と言いたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ