レビュー一覧に戻る
プッシーキャッツ

プッシーキャッツ

JOSIE AND THE PUSSYCATS

99

kak********

3.0

「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」を映画化

日本でも放映された「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」というアニメの実写映画化。映画の方は日本では劇場公開されずDVD化されたのだが「プッシーキャッツ」という誤解を招きそうな題名が付けられてしまった。 物語は、アマチュアのガールズ・バンドが巻き起こすドタバタ劇が描かれていくが、小気味よい音楽と若さ溢れる3人のメンバーのパワーが見所。 主役は、「サベイランス ー監視-」でライアン・フィリップと共演したレイチェル・リー・クック。最近ではTVドラマ・シリーズ「パーセプション 天才教授の推理ノート」のケイト・モレッティ役で見ることが出来る。 脇を固める2人は、「アローン・イン・ザ・ダーク」でクリスチャン・スレーターと共演したり、「アメリカン・パイ」などのコメディにも多く出演しているタラ・リードと、「レント」のミミ役や「MIB:2」など幅広いジャンルで活躍中のロザリオ・ドーソン。 この3人の俳優としての演技より、バンドのパフォーマンスの方が目立ってしまうのだが、一応ストーリーもそれなりに用意されていて楽しめる。 共演では、「007/ゴールデンアイ」で、ボールペンをカシャカシャさせる癖のあるボリス役が印象的なアラン・カミングや、「ギャラクシー・クエスト」のラリアリ役で注目されたミッシー・パイルなど、愉快な役を多彩な俳優が演じていて、肩の凝らない映画に仕上がっている。

閲覧数310