レビュー一覧に戻る
名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

山口綾奈

5.0

ネタバレコナン映画の中で一番好き!

制御不能な人工知能に支配されたデスゲームの中で、奔走する蘭と少年探偵団。そして現実世界の殺人を暴く優作たち。二つの事件が見事に絡み合って、コナン映画の最高峰だと思います。 しかもゲームの舞台は19世紀末のロンドン。コナン・ドイルの物語と歴史が入り交じった世界で、実在した殺人鬼、ジャックザリッパーを追うなんて、面白くないはずがない。参加者がどんどん脱落していく中で必死になるコナンたちに、つい感情移入して、こっちまでハラハラします。 シャーロックホームズの登場人物がたくさん絡んでくるので、そこも楽しめました。切り裂きジャックを作り上げたのはモリアーティなんて、よく考えましたね。バスカヴィル家の犬事件でホームズは家を開けてるとか、切り裂きジャック(正確にはモリアーティ)が最後に殺そうとしたのはアイリーンアドラーだったとか、一々楽しかった。『三年後、ライヘンバッハの滝にご注意を』とモリアーティへ呼び掛けるコナンが良かったです。新一の重度のホームズオタクが役立っていました。 そして産業革命直後のロンドン、貧民街であるイーストエンド、ホワイトチャペルの薄暗く濁ったような空気感とか、よく出てたと思います。子供向けなためもあるでしょうが、切り裂きジャックが街娼だけを狙った点は上手く隠していましたが。 最近のアクションや爆発が段々派手になってきているコナン映画に比べ、(博士の発明品が使えないせいもありますが)推理が多く、れっきとしたミステリー映画。コナンファンなら絶対見るべき、めちゃくちゃ面白い映画です。

閲覧数903