レビュー一覧に戻る
名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

エル・オレンス

5.0

劇場版シリーズ最高の脚本&テーマ性。

推理小説の第一人者こと野沢尚が脚本を手掛けた本作。 コナン劇場版の中では最も異色な作品ですが、脚本やテーマ性はシリーズ最高だと思います。 人工知能が子供たちを仮想世界に取り込むというアイデアも斬新だし、現実と仮想それぞれで巻き起こるミステリーもよく練られていて面白いし惹き込まれます。 そして「親と子」「日本の未来と世襲制」というテーマも、子供も大人も理解しやすいように巧く描かれているし、その着地の仕方からも、野沢氏の類稀なる才能がうかがえます。 本作の2年後、自ら命を絶ってしまったことは本当に惜しいですが、これほどの素晴らしい作品を生み出してくれたことには、感謝するばかりです。

閲覧数846