ここから本文です

ノット・ア・ガール (2002)

CROSSROADS

監督
タムラ・デイヴィス
  • みたいムービー 13
  • みたログ 147

2.63 / 評価:20件

在りし日のブリトニー・スピアーズ

  • ORLIN さん
  • 2008年9月25日 14時23分
  • 閲覧数 410
  • 役立ち度 19
    • 総合評価
    • ★★★★★

ブリトニーファン、
もしくはSATCのサマンサ役で有名な
キム・キャトラルを観たい。
(でも彼女はほんとサラっとしかでてきません。残念…。)
という方にだけおすすめします。笑


ストーリーはベタな青春ロードムービー。
個性バラバラの3人娘の成長物語。
映画全体にメリハリがない印象を受けました。
ブリトニーの優等生キャラもあんまりしっくりきてない。
カラオケライブのシーンなどに、
こなれてる感、
やはりショーの才能のある人間だ、というのが出ていて、
「堅物キャラが新しい自分を知って…」
と言うお芝居の流れに説得力がなかったです。笑


しかし、ブリトニーファンとしてみると、
丁度、清純アイドルからセクシー路線に変わっていった頃の
ブリトニーがとっても可愛く、
彼女が飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していたころ
高校生だった私は懐かしく感じました。
初めて買った洋楽のアルバムは彼女の“Britney”でした。
Popですみません。笑


所々で彼女着ている
カントリーぽい(?)スタイルがキュート。
本来あのイノセントとセクシーの
中間のようなスタイルが似合う人だと思うんだよなぁ。
近年はもっぱらセクシー路線でもったいないと感じます。
ポストマドンナの器だと思うけど、
マドンナ風はちょっと違う。
彼女は妖精っぽさが可愛い人。
色っぽいダンスを踊っていても、
なんとなく無垢な感じが出る所が魅力的☆


終始ルーシー役がPV演技なブリトニーでしたが、
最後の最後に“Overprotected”を歌うシーンで
ついに本領発揮って感じでした。笑
やっと得意分野がきたわとばかりに生き生きしてました。
あのビキニトップみたいなのに袖がたっぷりしたトップス
あの頃のブリトニーはあのスタイルをよくしていました。
妖精っぽくて、最高に似合ってます。可愛い☆


今もブリトニーは大好きです。
彼女の現状と、パリスの面白さを楽しむため(笑)に
ゴシップニュースをチェックしています。
パフォーマーとしての彼女が大好き。
本当のカムバックを待ってます * + ☆°


★余談★
それにしても、
アメリカという国はロードムービーが似合う国だなぁ。
ただっぴろい大地に伸びやかに延びた道を
オープンカーやバイクで風に吹かれながら行く道中は
大陸系の国の醍醐味だろうと思います。
アメリカのリアル若モノも
ああゆう旅を楽しんだりするんだろうか。
ちょっとうらやましい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ