マジェスティック

THE MAJESTIC

153
マジェスティック
3.9

/ 751

32%
38%
24%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(167件)

泣ける19.8%勇敢12.3%楽しい11.5%ロマンチック10.2%切ない10.2%

  • rsg********

    3.0

    事実ではないかいぁーい!? 究極の夢物語

    とは知らずに観てしまい、引き込まれたが出来過ぎた物語でチョイ違和感、見終わって検索して作り話と解り更に違和感増して所謂 プロパガンダ じゃん!。 ジム・キャリーが、アメリカ市民権 を獲得する為の映画なのかも!?!と思った。

  • あき

    4.0

    ネタバレいい話だな〜

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    2.0

    偽者が本者へと変わるとき。

    ジム・キャリーの映画は、どこか現実離れしたような内容の映画が多い。 本作も一見、リアルなドラマのように見えて、どこかファンタジックなものに見えなくも無い。 いかにも監督のフランク・ダラボンらしい作風だ。 絶賛する人も多いが、153分もかけてまでやる必要はあったのかと思ったし、少し都合が良すぎる展開も興醒め気味だった。

  • ぽむぽむ

    4.0

    視聴ニ回

    一回目の視聴は2005年頃だったように思います(吹き替え版)。当時は私も若かった事と、ジム・キャリーに求めていたのがコメディだったのでこの映画は期待外れだなと云う印象しかなかったのですが、ケーブルテレビで放映していたので再度視聴してみました(字幕版)。 主人公が記憶を取り戻した後に、それを告白しようとするシーンで"I'm not..."と一回口ごもるシーンや、"Daddy"と言うまでの間(ま)など、吹き替え版では伝わりにくい主人公の心の葛藤が字幕版からは感じ取れた事が今回の収獲でした。 映画としてはとて好きな作品ではありますが、物語の背景が第二次大戦後のアメリカなので、聴聞会での喋りに感動しつつも、思うところが残ってしまうのもまた事実であります。字幕には「日本」という文字はありませんでしたが、日本も「血を流した彼ら」と戦ったので。そして、その「彼ら」は「自由を守るために戦った」と。この映画が言いたいのは日本がどうのこうのではないのは重々承知ですし、何を言わんとしているのかも理解していますが、やはり私はその部分が引っかかりました。でも、これは一回目の視聴時には気にならなかった事なので、私が歳を取っただけかもしれません。 ジム・キャリーが好きなので星四つです。配役が違っていたらもっと低い評価をつけたかもしれません。

  • acc********

    5.0

    おすすめの一品

    評価が高いので、事前の知識ゼロで見てみましたが、作品に引き込まれて2時間半たっぷり楽しませてもらいました。 途中、どうやってストーリーを着地させるのかまったく見当がつきませんでしたが、見事に締めくくったエンディング。うるっと来ました。おすすめの作品です。 アデルからLAに向かうビーターにことづけられた小さな包み…何だか当たりました…ちょっと自慢(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ジム・キャリーピーター/ルーク
マーティン・ランドーハリー・トリンブル
ローリー・ホールデンアデル・スタントン
アレン・ガーフィールドレオ・クーベルスキー
アマンダ・デトマーサンドラ・シンクレア
ボブ・バラバンエルビン・クライド院内顧問
ブレント・ブリスコーセシル・コールマン保安官
ジェフリー・デマンアーニー・コール
ロン・リフキンケビン・バナマン
ジェリー・ブラックエメット・スミス

基本情報


タイトル
マジェスティック

原題
THE MAJESTIC

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル