ここから本文です

海は見ていた (2002)

THE SEA WATCHES

監督
熊井啓
  • みたいムービー 13
  • みたログ 202

3.12 / 評価:49件

黒澤さんが娼婦に惚れた?

  • 百兵映 さん
  • 2016年7月8日 14時45分
  • 閲覧数 467
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 海はみていたというよりは、海「を」みていたというのが当たっている。それも漠然と、他にみるものもないから、というだけの話。

 遊郭では客に惚れたらいけないという“憲法”がある。でも、その“法”には無理がある。ただでさえ不遇の中で“仕事”をしている、人が恋しくなるのが自然というもの。遊郭の憲法に限らない。男たちの遊び場で女が男を愛して出来ちゃったって話は腐るほどある(ただ、そのあとの始末は大変のようだ)。

 大した客でもないのに、男が神様にも仏さまにも見えるっていうのは、別にこういう世界だけではなかろう。素性が違うから、身分が違うからと、“惚れてはいけない憲法”は現代社会でもある。法を犯して惚れた・愛した・出来ちゃったというのには相当の覚悟と知恵が必要で、それが不足していたから崩れてしまうというのが殆んどのようだ。

 黒澤監督が、最後にはこういう作品を撮りたかった(結局は脚本だけで終わった)というのだが、これもまた妙なところに惚れたものだ。あまり似合わない。『用心棒』の世界で頑張り続けた方がよかったのでは?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ