ここから本文です

タイムマシン (2002)

THE TIME MACHINE

監督
サイモン・ウェルズ
ゴア・ヴァービンスキー
  • みたいムービー 82
  • みたログ 2,364

3.03 / 評価:481件

GYAO!で無料だったので・・

  • chi******** さん
  • 2015年6月24日 19時30分
  • 閲覧数 1844
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

GYAO!で無料で見れたので鑑賞。

婚約者を暴漢に殺された主人公が、タイムマシンで過去へ・・
という魅力的な話が一転、80万年後で、「別の女性」を見つけ
幸せに暮らしましたとさ。
というお話が、哲学的とか、よくできていると思える方は
楽しめると思いますが、自分としては、薄情さが鼻についた。

過去に戻り、婚約者と再会する主人公、
暴漢は回避できたが、交通事故で婚約者は死亡する。
この1度きりのタイムトラベルで、
主人公が過去は変えられないと悟るのも、どうかと思うが、
未来に行けば解決策があるのでは?と、
140年後に行くので、なるほど、頭がいい!と思ったが、
打開策がないので、更にもう2~300年後の未来へ行こうと・・
と、ここまでは、話にぐいぐいと引き込まれた。

7年後を通過時に、なぜかタイムマシンが振動し降りてみると
月が割れて地球に落ちてくる所。
慌ててタイムマシンに乗り込むが、近くで爆発が起こり、
吹き飛ばされた主人公は気絶。 気づくと80万年後へ

なぜ、揺れたのだろう?
そんなに外部の影響を受けるなら、月が落ちてきて
地球が壊滅的なダメージを受けた時点で、主人公も?
という疑問より、80万年後で知り合うヒロイン
(暴漢に殺された婚約者とは別人)の救出劇に突入する
違和感の方が気になる。

いつ、婚約者を救出しに戻るのかな? と思いながら
見続けるも、80万年後のヒロインを助け出し・・
え? 婚約者は?? これでハッピーエンドなの?
と唖然となっているところに、エンドロール、茫然自失。

本来、80万年後にいないはずの主人公が、
ヒロインを助け出して、ヒロインが生き延びた時点で、
80万年後以降の歴史は変わっている訳で、
婚約者が暴漢ではなく交通事故で死んだのは、
単なる偶然で、歴史を変えられなかった訳ではないと
思うはずだが、昔の婚約者のことは、綺麗さっぱり、
跡形もなく、80万年後の世界、以降には出てきません。

80万年後に知り合ったヒロインの方がタイプだったのか?
この主人公、薄情すぎないか? と、気になった。

映像美はありますが、パラドックスも解決されていないし。
わずか4年で、過去に戻れるタイムマシンを作れてしまう
天才ぶりも、後半のラブロマンス&活劇のためだろうし。
モーロックにしか、タイムマシンの爆風の影響が及ばないとか、
色々、ご都合主義なところが気になりますが、
そこは映画だと、目を瞑れても、
主人公のてのひら返しは頂けないと感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ