レビュー一覧に戻る
命

111

aok********

4.0

ネタバレ意外な秀作

本作は柳美里と東由多加の物語である。 東京キッドブラザースは、ある年齢の方には非常に思い入れのある劇団であろう。 私は柳美里という方があまり好きではないし、当の劇団にもあまり思い入れは無い。 柴田恭兵がいた劇団というくらいにしか認識していない世代だ。 この映画は柳と東の話を、江角マキコと豊川悦司が演じているので観ただけだ。 江角でいいのかい?と思ったが、コレが意外に良かった。本当に意外だった。 抑えめな演技で、演出自体も過剰さがない。 トヨエツは相手役の女優を、非常にイイ女に観せる事が出来る稀有な役者なので、 そのせいもあったかもしれない。 あまり観た方は多くないだろうが、邦画も好きな大人には薦めたい。 学生とかには向かない。多分、意味不明な映画にしか見えないだろう。

閲覧数2,561