ここから本文です

(2002)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 48
  • みたログ 256

3.31 / 評価:42件

意外な秀作

  • 昭和ラッキー さん
  • 2009年11月3日 15時25分
  • 閲覧数 2134
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作は柳美里と東由多加の物語である。

東京キッドブラザースは、ある年齢の方には非常に思い入れのある劇団であろう。

私は柳美里という方があまり好きではないし、当の劇団にもあまり思い入れは無い。
柴田恭兵がいた劇団というくらいにしか認識していない世代だ。

この映画は柳と東の話を、江角マキコと豊川悦司が演じているので観ただけだ。

江角でいいのかい?と思ったが、コレが意外に良かった。本当に意外だった。

抑えめな演技で、演出自体も過剰さがない。

トヨエツは相手役の女優を、非常にイイ女に観せる事が出来る稀有な役者なので、
そのせいもあったかもしれない。

あまり観た方は多くないだろうが、邦画も好きな大人には薦めたい。
学生とかには向かない。多分、意味不明な映画にしか見えないだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ