ここから本文です

たそがれ清兵衛 (2002)

THE TWILIGHT SAMURAI

監督
山田洋次
  • みたいムービー 246
  • みたログ 3,010

4.12 / 評価:921件

清潔感と透明感

  • bac******** さん
  • 2015年4月14日 10時06分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

何度観ても良いですね。
垢じみて無精ひげで覆われた清兵衛ですが、
そこは真田広之さんの個性なのか、清潔感すら感じます。
そして暗闇がパッと明るくなるような、宮沢りえの輝くばかりの美貌。
朋江がはじめて登場する場面は何度観返してもどきどきします。
お二人とも瞳が澄んでいてとても綺麗ですね。
主役がぴたりはまっただけではなく、この映画には演技の下手な人が
一人もいなかった為、最後まで安心して観賞できました。
一番の山場は、余五善衛門と清兵衛の対決ですが、そこに至るまでに
いくつかゆるやかな盛り上がりを見せる見せ場が用意されていて
退屈せず、気持ち良くドラマに入り込めました。

田中泯さんは初めてみましたが、廃屋にこもった彼を訪れた清兵衛の腕を
素直に認めて、たがいの共通点から打ち解けた会話をするところなんか
とても好きです。
大物感が漂っています。
しばらく和やかムードで進みますが、清兵衛がふともらした一言で
眼光が激変するところは凄味があります
(昔、ビリー・ミリガンの人格が入れ替わった一瞬の眼の変化、という
映像を見たことがありますが、まさにあんな感じでした)。
そしてお互いの殺陣のシーンとなりますが、【ザ・ほんまもん】、というくらい
迫力があります。さすがです。
他の出演者の方たちもよかったし、ロケをされた土地もとてもきれいでした。
素人ですので、演出がどうとかカメラワークがどうとか一切知りません。
それでも、俳優さんの力はもちろんのこと、プラス監督さんや脚本・
カメラの方の腕も一流なんやろうなって思うとても良い作品でした。

蛇足ですが、同じ藤沢作品の『山桜』をこのスタッフの作品で観たかったです。

 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ