ここから本文です

たそがれ清兵衛 (2002)

THE TWILIGHT SAMURAI

監督
山田洋次
  • みたいムービー 240
  • みたログ 2,995

4.12 / 評価:908件

たった三年でも夢が叶うのは幸せな人生かと

  • 風の狩人 さん
  • 2020年10月6日 21時58分
  • 閲覧数 812
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2002年公開の山田洋次監督作品。その年の日本アカデミー賞を総なめにした名作。アカデミー賞外国映画賞ノミネート作品でもある。原作未読・二度目の鑑賞。

下級武士井口清兵衛(真田広之)の控えめで慎ましい暮らし、そして、朋江(宮沢りえ)への恋がとても丁寧に描かれている。
宮沢りえは日本を代表する女優ですね。一言で言えば可憐という言葉が似合う。
特に決闘を前に清兵衛に秘めていた想いを告白された時の動揺した演技が印象的だった。真田広之も素朴な下級武士を好演していた。そして、なんたって田中泯ですな。

最後の果し合いは、余吾善右衛門(田中泯)は最初に鴨居の高さを確認しているが、結局は鴨居が邪魔で討ち取られる。
前回観たときは油断したのかと思ったが、今回観たらわざと斬られたと確信した。死闘の前に、お互いの苦しい境遇を打ち明けるシーンがそれなりの長さで入るが、だからこそ余吾は清兵衛にシンパシーを感じ、わざと鴨居を斬ったのだと感じた。あれだけ酒を呑んで憔悴していた余吾は既に死の覚悟は出来ていたのでしょう。人間同士の絆に重きをおく余吾は逆上したフリをして清兵衛に殺されることを選んだのに違いない。そう感じられたからこそ、この二度目の鑑賞で私のこの映画の評価は上がった。

清兵衛と朋江は三年しか夫婦として暮らせなかったとラストで語られるが、二人の夢が叶った三年があったからこそこの二人は人生は幸せだったと切に思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ