ここから本文です

たそがれ清兵衛 (2002)

THE TWILIGHT SAMURAI

監督
山田洋次
  • みたいムービー 243
  • みたログ 3,004

4.12 / 評価:915件

日本人の根底に流れる美意識がある

  • n70******** さん
  • 2020年11月21日 4時02分
  • 閲覧数 905
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

見終わった時にまず感じるものは、諸行無常。そして静かな余韻が心地よい。

物語を通してどこか物悲しく、侘しい感じがする。だがそこに退屈さは皆無。この静謐な世界に自分がいるかのように引き込まれる。
様々な逆境や耐えがたく、しかし如何ともし難い状況の中、小さな幸せを日々見つけていく清兵衛。そこには本来我々日本人が持っていたはずの無欲さや、ひたむきさがありありと表れている。私個人としては現代社会に生き、欲にまみれた自身を対象として省み、かくありたいと思う一方、もう届かない価値観であるという思いが湧き、一抹の悲しさがある。
演技やキャストに対しては詳しくなく、ここでは語ることができないが、真田広之、宮沢りえには拍手を送りたい。素晴らしかった。

近年のストリーミングサービス隆盛により、映画に触れる機会が増えたという人も多いと思う。私自身その環境の中で沢山の映画を鑑賞してきたが、たそがれ清兵衛を観て日本映画の良さに気付かされた。CG全盛の今の映画は新しさはあるが、10年経った後に鑑賞して古くさい感覚に襲われるのではないか。たそがれ清兵衛はもうすぐ封切りされて20年が経つのにもかかわらず少しも古くない。これは作品自体の完成度もあるが日本映画特有のものではないだろうか。

エンターテイメントは人の好みが分かれる。中には邦画が苦手な人もいると思うが、是非この映画を見てほしいと思った。そして観賞後のこの充実感、静謐な気持ちを多くの人に味わってほしい。

内容にはあまり触れないようにしたが、間違いなく名作である

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ