ここから本文です

動くな、死ね、甦れ! (1989)

ZAMRI, UMRI, VOSKRESNI!/FREEZE-DIE-COME TO LIFE/DON'T MOVE, DIE AND RISE AGAIN!

監督
ヴィターリー・カネフスキー
  • みたいムービー 175
  • みたログ 209

4.08 / 評価:78件

もし映画の奇跡というものが存在するのなら

この映画にはそれが宿っている。少年の瞳に。
もしくはそれをカメラから覗いた監督の瞳に。


泣くような映画じゃない


けれど鑑賞後、DVD附録ブックレットの
蓮見重彦氏のあまりにも流麗な文章を読んでいたら
映画の情景がばぁーっと脳裏を蘇り
ぼろっぼろと涙が毀れてしまった


カネフスキーという人のことを
映画を見るまでは全く知らなかったその人のことを
少しでも知りたいと思う不思議



少年と少女の瞳の輝きが交差する
笑顔が毀れて無言の愛を誓い合う
フィルムが刹那に捉えてしまった二人の姿は
背筋がひやりとするほどに鮮麗な、無垢な、危うげな奇跡

哀しいほどにモノクロの彼らが愛しいと
胸の中で抱きしめるようなこの気持ちに感謝を



この感覚はめったに味わえない
出会えてよかったと心から思えた1本
映画好きの人は是非一生のうちに見ておくべき

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ