動く標的

THE MOVING TARGET/HARPER

121
動く標的
3.2

/ 69

10%
19%
55%
13%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(19件)


  • ech********

    4.0

    一番カッコよいニューマン君

    映画自体は別に普通です。 それほどハードボイルドでもありませんし、サスペンスもほどほどです。 マック君はブリットに尽きると思っているので、ニューマン君はリュウ・アーチャーで決まりです。 という人にはしびれます。

  • arl********

    3.0

    典型的ハードボイルド

    これぞハードボイルド。ありがちなお話でしたがハードボイルド的ユーモア・軽口が楽しめる楽しい映画でした。さすがロス・マクドナルド原作。嫁(ジャネット・リー)との絡みも面白い、何だったのあの嫁は笑。 ハードボイルドといえばこれ、というボギーの「3つ数えろ」(レイモンド・チャンドラー原作)に出ていたローレン・バコールが花を添えています。

  • 一人旅

    3.0

    シェリー・ウィンタースに大拍手!

    ジャック・スマイト監督作。 行方不明になった資産家の調査を依頼された私立探偵・ハーパーの姿を描いたミステリー。 『動く標的』というタイトル自体は有名で続編まで製作されているが、期待を下回る出来だった。単純に、ストーリーが大して面白くない。アッと驚く展開もなく、複数の容疑者らしき人物の中から真犯人を絞り込んでいくというごく一般的なミステリー。犯人の動機づけもいまいち説得力に欠ける印象で、もう少しアイデアが欲しいところ。説明不足の点も多いため、人物の相関関係もやや分かりづらい。それに、画面が極度に暗くなるため、貴重な格闘アクションのシーンでも何が起きているのかさっぱり分からない。 いろいろ不親切で詰めの甘さが目立つ作品なので、ハードボイルドな一流ミステリー劇として鑑賞してしまうと拍子抜けをくらう。 ストーリーは楽しめなかったが、キャスティングは豪華。 主演のポール・ニューマンはそれなりの存在感。ただ、『評決』のいぶし銀の演技にはまだまだ到達していない印象で、クールさと荒々しさが入り混じった演技を見せる。 共演には、行方不明の資産家の妻役でローレン・バコール、ハーパーの妻・スーザン役で『サイコ』のジャネット・リー、落ちぶれた女優・フェイ役で『血まみれギャングママ』のシェリー・ウィンタースが出演。 なかでも、シェリー・ウィンタースの個性が強烈。ぶくぶく太った肉体で食い物を下品に喰らいながら、家に帰ってソファでいびきをかきながら爆睡するという、ローレン・バコールには絶対真似できない怪演を魅せてくれる。 また、資産家の娘・ミランダを演じたパメラ・ティフィンのセクシーな仕草も堪能できます(誘いすぎ!)。

  • tot********

    3.0

    P・ニューマンがカッコいいだけ・・・

    私立探偵ハーパーのお話ですが、事件・登場人物が結構複雑で分かりにくいし、演出も今一歩のせいか、感情移入もできにくかった。正直観終わった感想は、P・ニューマンの渋いカッコよさと、共演陣に知っている人が多くでていたなぁ・・・と思ったくらいかな。 前半、事件の全体像が見えずにイライラ 中盤、事件の展開とともに段々オモシロくなってきた・・・ と思ったら 終盤、急展開&複雑で尻すぼみ。ラストもう~んと唸ってしまう。 P・ニューマンが出ていなければ、自信満々で☆2つを付けるでしょう。

  • gorichan

    4.0

    大人な感じでいい

    1966年の作品だけど、今見ても、ちょっと笑いがあったり、大人の事情があったりで、かっこいいし古さを感じなかった。  この頃のポール・ニューマンに、マシュー・マコノヒーがちょっと似ている感じがしました。思い込みかしら。

  • じぇろにも

    4.0

    ネタバレ目覚ましで起きるワンルーム

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    お前は俺を撃てない

    ロス・マクドナルドの原作ということで、ハードボイルド探偵が活躍する物語。 失踪した大富豪を探してくれとの依頼を受けた探偵ハーパー。 しかしそこには犯罪組織が関与しており、捜索を進めるうちにハーパー自身にも危険が迫っていく。 小説としては地味な部類に入るのだろうが、映画の主演がポール・ニューマンとなれば話は別。 実に渋く行動派な探偵ぶりは見応えがある。 しかし事件そのものはあまりのめり込ませるものではないのが惜しい。

  • al2********

    4.0

    ニューマン

    とにかくニューマンがかっこいい あの独特の皮肉っぽい笑みがなんともいえない それまでの探偵といえばなんと言ってもハンフリーボガート ニューマン演じるハーパーはボギーのニヒルなハードボイルド探偵像にくわえてユーモアと女性に対してクールになりきれない弱さがあってなんとも惹きつけられる ボギーといえばローレンバコールが相変わらずの低音と存在感でよかった ストーリーは登場人物の人間関係がスムーズに入ってこなくて筋を追うのに苦労するが 決して難解ではない。 ジャジーな音楽や60年代の車なども雰囲気が味わえてかっこいい

  • 真木森

    5.0

    ハードボイルドと、女性達への優しい眼差し

    知る人ぞ知る、ニューシネマ台頭前夜のハードボイルドの逸品です。好事家の間では冒頭の「古いコーヒーの出し殻を使う」シーンばかりが喧伝されるのですが、私はかつての大スターで現在はぶくぶく太って酒浸り、頭のねじも抜けた壮絶な役柄を生々しく演じるシェリー・ウィンタースや、『エデンの東』のあの姿も何のその、ヤク中で悪にも染まったピアノシンガーを衝撃的に演じきったジュリー・ハリスに圧倒されて、「話は何とも分からなかったが、何かが凄い。何かが壊れている」と感じた問題作でした。それに下半身不随になりながらふてぶてしさと優雅さを振りまいて存在感絶大のローレン・バコール。60年代的美人でありながら何か安っぽく、ビーチサイドの飛び込み台の上でビキニをさらしながら脳天気な音楽に合わせてフリフリ踊ってるパメラ・ティフィン(どことなく井森美幸に似てるなあ)にもノックアウト。これだけじゃ済まなくて、主人公の別居状態の夫人役がプラチナブロンドのジャネット・リーだというのですから豪華絢爛。要は女優陣の迫力にガツンとやられたと言うことですね。  最近スカパー!のムービープラスで放映してくれたので何度も視聴しました。そうしないと人間関係が入り組んでいて何が何だか分からないんですよ。3回目には業を煮やしてついに「人物相関図」まで作成して臨みました(それでも出てきた瞬間に殺されてた重要人物エディが誰なのかすぐに判明せずお手上げになったりしましたが)。短い登場時間ながら強烈な印象を残すトロイは全身から悪の薫りとサディスティックさをギラつかせていますが、「この役をやったロバート・ウェッバーってどういう人なんだろう」って調べたら何と!『十二人の怒れる男達』の陪審員12番目の人! あの映画では眼鏡をかけたり外したりしていて全然気が付かなかったでしたが、注意して見直したら確かに。『ガルシアの首』にも出ていると知って調べてみたら、そうか、あのゲイの追跡者の片割れか(相方はギグ・ヤング)。それにしても「ぎゃああーっ!」ってJ.ハリスが絶叫しながらも足にタバコの火を押しつけて「分かってるかい、こちとら楽しんでんだぜ」って語るあの恐ろしいこと。そしてそのJ.ハリスも愛した@@が死んだことを知って更に辺り構わず顔をぐしゃぐしゃにして泣き叫ぶその身もフタもない迫力。本作は探偵ものとしては割合オーソドックスな作りをしていますが、所々こういう突出したシークェンスがあって痛烈に響いてくるのです。鉄ヤスリで殴られて額から血をダラダラ流しながらハーパーを追いつめるバドラーも、アランを挑発して**のことを口汚く罵る台詞も凄かったなあ。「簡単に股を広げる女だ」「じめじめしたところに生えるカビだ」云々。でも一番怖かったのは、ルンルン気分でベーコンエッグを作っていたのが一転して黄身を片っ端から潰していくスーザンの感じだったかも知れません←自分の経験と照らし合わせなくても良いのに。  ロス・マクドナルドといえば『さむけ』が有名ですがこれはまだ映画化されていないですね。リュウ・アーチャーの冷たい感じが映画向きじゃないのかも。しかし、あの有名作家にして名物脚本家のウィリアム・ゴールドマンと、この頃一筋縄ではいかない複雑なヒーローを幾つも演じてのりに乗っていたポール・ニューマンの技量によって、愛すべき私立探偵「ルー・ハーパー」が生まれました。酔いどれて単なるブタ女に堕してしまったフェイに仕方なさそうに付き合っている優しさ(それにしてもストーリー上説明しておかなければならない箇所は他にいっぱいあるはずなのに、この件を長々と撮っているのはスタッフはなかなかのフェミニスト?)。ミランダに誘惑されても、トロイ一味にガシャボコにやられても(終幕までこの時の痣が取れない)、警察に対しても事件の主犯達と正面から対峙しても、高潔な態度を終始崩さない。そして明らかに危険な目に遭うと分かっていているのにフェイ家や半裸の聖者の寺院に再び乗り込んでいく。その動機になっているのは単に「サンプソンを探す」という初期の氏名を愚直に遂行するため。これだもの、奥さんのスーザンが「治らない病気ね」ってついて行けなくなるのも当然です。でも分かるんです。「昨年1年間のうち8ヶ月は胸のむかつく仕事ばっかりやっていた。でも、5、6週は本当に心の底から輝けるような体験が出来た」。これです。この「魂の発露」が再現したくて、どう考えても勘定に合わない難事に飛び込んだり、身体や命をはって向かっていく。ポール・ニューマンってそういうキャラクターをやらせたら絶品ですね。それが一番最後の名シーンに収斂しています。全体に演技過剰の嫌いはあるけれども、この肩の力を抜いた粋さが本当に格好いい。70年代のスカした刑事ドラマの諸要素を用意していました。見事なるこの作品に再評価の誉れを。

  • スーザン

    3.0

    若きポール・ニューマンのカッコよさ!

    このハードボイルド感。 ポール・ニューマンがとことんカッコいい! 人探しミステリーなので少々退屈なところがあり、途中でストーリーなどどうでも良くなるのだが、雰囲気を味わうだけで満足。 ローレン・バコールもいいですねえ。

  • mal********

    3.0

    探偵は自分の足で情報を集めるものです。

    1966年に公開されたサスペンス映画です。 ポール・ニューマン演じる主人公私立探偵ハーパーは、ある行方不明の富豪の捜索を依頼され、事件の真相を追ううちにやがて自らの命にも危険が迫る・・・という、この手の映画の定番のようなストーリー展開です。ですが、まだ携帯電話やスマートフォンがない時代のため、主人公が自分の足で情報を集める姿がなんだか懐かしく感じてしまいます。 本作の原作はミステリー作家ロス・マクドナルド初期の作品であり、ずっと同じ主人公で描かれたシリーズ物の1作でもあります。同シリーズの「さむけ」「ウィチャーリー家の娘」といった後年の傑作に比べると(一読を強くオススメします)、まだ主人公も若くて血の気の多く、ストーリーも詰め込み過ぎの感もありますが、それも時代背景の一部として楽しめる映画だと思います。 因みに原作では主人公の名前はハーパーではなくリュウ・アーチャーです。でもどうして映画では名前を変更したのかは謎のままです。

  • hir********

    5.0

    そうだね、やっぱ、あのファーストシーン

    どもっ!今夜の新橋は酔っ払い天国。 なのに、テレビで例の記者会見始まると、酔っ払い連中かぶりつきで観てました。 オオトラの連中が、記者会見を観ているうちに、段々と萎れてゆきました。 多分、身につまされたのでしょう・・・ ま、どんな男でも、酒の失敗の一つや二つあるもんです・・・ で、お気レビのlovejetsさん、私もレビュー読んだけど・・・? 率直で、真摯なレビューだったのにね、気にせず、これからも、どしどし書いてください 応援してます。 で、今回は、ポール・ニューマンの「動く標的」。 探偵ハーパーものですな。 このハードボイルド、オープニングが、絶品なんですよ。 コーヒー好きの探偵ハーパーが、朝、目覚めてコーヒーが切れてるのに気づき、 昨日捨てたダシガラを、ゴミ箱からだして、匂いをくんくん嗅いでから もう1回使うあたり・・・いかにも、独りもの探偵のヤサグレ感が、出ていて、 いっきに、持ってかれます。 ローレン・バコールや、シェリー・ウィンタース、 くせ者女優達を、向こうに回して、ポール・ニューマンなかなか渋かった。 本作が大ヒットして、続編も創られました。 ポール・ニューマンの、しぶといハーパーは、結構ハマってました。 流石、ダシガラ探偵、まさに、ハードボイルドの真骨頂です。

  • gor********

    2.0

    ポール・ニューマンが渋い

    失踪した大富豪の行方を捜す、私立探偵の話です。 ポール・ニューマン演じるハーパーですが、 自身の家庭問題も抱えながら捜査し、 依頼した大富豪の奥さん(ローレン・バコールがまた素敵なのだ!) や、ビキニで60年代ダンスでいきなり登場する 継子など、かかわる人間も一癖も二癖もある輩ばっかりで、 なかなか人物相関係を把握するのに、 時間がかかってしまいました。 の割には、肝心の結末があんまりビックリもしなかったなあ。 でもローレン・バコールのあの不敵な笑みだけでも、 拝見できてうれしいですな。

  • tok********

    3.0

    "サスペンス"としての醍醐味を感じます。

    サスペンス・ハードボイルド作・・とでも云いましょうか・・ 謎解きを解明していくごとにワクワクさせられるところは、ある意味"サスペンス"としての醍醐味を感じさせます。・・ただ、昨今のサスペンス物と比較するとありきたりの脚本と感じるのは仕方のないところ・・・・ (制作年数が年数だけに・・) 自分の評価としては、標準レベルです。 ちょっとポール・ニューマンのオーバーアクトぎみな演技が目につくところがマイナスかなぁ~。

  • どーもキューブ

    3.0

    ポールニューマン、探偵ハーパー

    1966年作、脚本のち「明日に向かって撃て」でタッグを組むウィリアムゴールドマン。監督ジャックスマイト。いわゆる「探偵物」の王道オープニングシーンから始まるポールニューマン主演作品。ハーパーという探偵さんです。始まりがカッコ良い、だらしなぁーいのハシリのハジマリ。優作「探偵物語」、ショーケン「傷天」、「ロンググッドバイ」に受け継がれる冒頭必見。音楽、ボサノヴァの定番「いそしぎ」(アストラッドジルベルトが歌う「いそしぎ」はシットリしてて好きです。)を書いてアカデミーをもらったジョニーマンデルの音も良いです。依頼主「旦那を探してほしい」と、ハンフリーボガードの奥様、ローレンバコールさん登場。「エデンの東」のホワイトビューティー、ジュリーハリスがニューマンの女房役で登場。とっても綺麗である意味必見。萌えましたぁ、白髪染めてるんだけど可憐です。ポールニューマンの相変わらずの愛嬌たっぷりのクール探偵は必見。なんですが、展開がイマイチかな?事件の緊迫感が無く、淡々と進んでいく印象。ニューマン若いです。本作では彼の探偵ぶりが見所。画面、はけるときの彼の手のしぐさや電話の表情等々チャームでダンディな表現が魅力的。続編の方が自分は好きです。ポールニューマンの魅力は流石ですね!彼の天声の「笑顔」が大好きな事に気づいた本作でしたぁー!

  • gam********

    5.0

    しょうもないのにカッコイイ!

    映画を観たあとで強烈に真似したくなることがあって その頃のひねくれ少年にとって、この映画のファーストシーンが そのひとつ。 寝起き。 コーヒーを淹れるのにコーヒーが無い。 仕方なく夕べの出がらしをゴミ箱の中から取り出して使う・・・。 真似したくとも実際は絶対ゴミ箱から出して使ったりしませんが この、しょうもないのにカッコイイ路線は ショーケンが「傷だらけの天使」で見せた あの有名な食事のファーストシーンにて、昇華しました。 以後、自分的にこれ以上は現れておりません。 映画は探偵ハーパーの数少ない友人とのカラミを軸にして 極端に乾いたアクションと 裏寂しいラストに向けて淡々とすすみ 不良っぽさと人を食ったところのあるポール・ニューマンの魅力が、め いっぱい出ています。 エリオット・グールド『ロング・グッドバイ』に似た寂しさは 原作に共通する「良さ」、なんでしょう。 ハードボイルドとは実は深い寂しさの裏打ちがあってこそ 歯ごたえがあるのだと知りました。 現場用エレベーターでのアクションなどは そこそこ手に汗握る出来でした。

  • いやよセブン

    4.0

    ハードボイルドな朝

    ハードボイルドな私立探偵は目覚ましが鳴って起きます。 コーヒーを飲むためにお湯も湧かします。 コーヒーがきれていれば、捨てたフィルターの出し殻でも使います。 この出だし、私もハードボイルドですね。 富豪が失踪したので探して欲しいとのこと、依頼主は富豪の奥さんで訪ねていくと、可愛い娘もいる。 でも二人ともそんなに大騒ぎしていない。 話は小気味よく進み、離婚を言われている私立探偵が、妻に未練たらたらなのがご愛敬。 ポール・ニューマンの面目躍如といったハードボイルドでした。

  • jig********

    4.0

    ポール・ニューマンのかっこよさを知る

    標的が動いたら狙いが定まらないぜ。 とかタイトル見て観賞前に思ってましたが、 な~るほどねぇと。 誘拐された富豪を探すわけですが、 探すうちに二転三転して犯人が誰なの? ということですね。 探偵役にポール・ニューマンですが、 劇中で自分のことを中年で・・と 言っていましたが中年の味といいましょうか かっこいいんですよね。かなり。 私が彼に勝てるとしたら赤ん坊の頃だけでしょう。 正直、ポール・ニューマンは名前だけ知っていて ちっとも世代ではないのですが、観て納得。 勝てない・・。 いや、勝つつもりはないですがかっこいいです。 どこか完璧じゃない部分を持ってる探偵というところが 似合っていてまたいいんですよね。 なんか昔のドラマのオープニングで トマトに塩ふって丸かじりして コンビーフもそのまま丸かじりしてる男を思い出しました。 あれって・・誰だっけ^^; で、調べてみたらショーケンの「傷だらけの天使」みたい。 実はドラマ自体は見たことないんですが、 昔の番組云々を取り上げる番組で オープニングだけ見たんですよね。 綺麗でスマートじゃない部分が かっこいいって並みのかっこよさじゃないですね。 あ、かっこいい人がそれをやるからかっこいいのか。 じゃ、私は綺麗に食べようと思います。 1960年代の作品ということで、 出てきた美女の髪型がすごいボリュームがあってですね、 うわすごいなと感じました。 あの頃の流行はこういう髪型だったのですね。 なんか肩が出るか髪が出るか(横にね)てくらい 横に広がってます。 水着姿も披露してますが、 さすがハリウッド女優、 えらいスタイルよくてビックリします。 とりあえずポール・ニューマンいいなと思うと共に コーヒーの出涸らしの味が気になる作品でした。 あれは苦いのか、渋いのか? むしろ味が無いただの茶色い水だったりして。

  • yos********

    2.0

    ネタバレ失踪した富豪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中