レビュー一覧に戻る
動く標的

動く標的

THE MOVING TARGET/HARPER

121

mal********

3.0

探偵は自分の足で情報を集めるものです。

1966年に公開されたサスペンス映画です。 ポール・ニューマン演じる主人公私立探偵ハーパーは、ある行方不明の富豪の捜索を依頼され、事件の真相を追ううちにやがて自らの命にも危険が迫る・・・という、この手の映画の定番のようなストーリー展開です。ですが、まだ携帯電話やスマートフォンがない時代のため、主人公が自分の足で情報を集める姿がなんだか懐かしく感じてしまいます。 本作の原作はミステリー作家ロス・マクドナルド初期の作品であり、ずっと同じ主人公で描かれたシリーズ物の1作でもあります。同シリーズの「さむけ」「ウィチャーリー家の娘」といった後年の傑作に比べると(一読を強くオススメします)、まだ主人公も若くて血の気の多く、ストーリーも詰め込み過ぎの感もありますが、それも時代背景の一部として楽しめる映画だと思います。 因みに原作では主人公の名前はハーパーではなくリュウ・アーチャーです。でもどうして映画では名前を変更したのかは謎のままです。

閲覧数623