ここから本文です

動く標的 (1966)

THE MOVING TARGET/HARPER

監督
ジャック・スマイト
  • みたいムービー 14
  • みたログ 221

3.21 / 評価:67件

ポール・ニューマンのかっこよさを知る

  • jig******** さん
  • 2009年10月24日 7時08分
  • 閲覧数 710
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

標的が動いたら狙いが定まらないぜ。
とかタイトル見て観賞前に思ってましたが、
な~るほどねぇと。
誘拐された富豪を探すわけですが、
探すうちに二転三転して犯人が誰なの?
ということですね。


探偵役にポール・ニューマンですが、
劇中で自分のことを中年で・・と
言っていましたが中年の味といいましょうか
かっこいいんですよね。かなり。
私が彼に勝てるとしたら赤ん坊の頃だけでしょう。
正直、ポール・ニューマンは名前だけ知っていて
ちっとも世代ではないのですが、観て納得。
勝てない・・。
いや、勝つつもりはないですがかっこいいです。


どこか完璧じゃない部分を持ってる探偵というところが
似合っていてまたいいんですよね。
なんか昔のドラマのオープニングで
トマトに塩ふって丸かじりして
コンビーフもそのまま丸かじりしてる男を思い出しました。
あれって・・誰だっけ^^;
で、調べてみたらショーケンの「傷だらけの天使」みたい。
実はドラマ自体は見たことないんですが、
昔の番組云々を取り上げる番組で
オープニングだけ見たんですよね。
綺麗でスマートじゃない部分が
かっこいいって並みのかっこよさじゃないですね。
あ、かっこいい人がそれをやるからかっこいいのか。
じゃ、私は綺麗に食べようと思います。



1960年代の作品ということで、
出てきた美女の髪型がすごいボリュームがあってですね、
うわすごいなと感じました。
あの頃の流行はこういう髪型だったのですね。
なんか肩が出るか髪が出るか(横にね)てくらい
横に広がってます。
水着姿も披露してますが、
さすがハリウッド女優、
えらいスタイルよくてビックリします。


とりあえずポール・ニューマンいいなと思うと共に
コーヒーの出涸らしの味が気になる作品でした。
あれは苦いのか、渋いのか?
むしろ味が無いただの茶色い水だったりして。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ